[スポンサーリンク]


2010年 10月 20日

  1. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】

    日時        : 2010年10月20日(水) 10:00~16:20会場        : 東京・千代田区神田 エッサム本社ビル 4F こだまホール≪会場地図はこちら≫受講料     :(税込) 57,7…

  2. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate

    イオン液体中でのFriedlander環化によるキノリン誘導体合成Houらは,イオン液体1-ブチ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  2. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法
  3. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  4. 電子実験ノートSignals Notebookを紹介します③
  5. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  6. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察
  7. Nature Chemistryデビュー間近!

注目情報

最新記事

危ない試薬・面倒な試薬の便利な代替品

実験室レベルでは、未だに危険な試薬を扱わざるを得ない場合も多いかと思います。tert…

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

PAGE TOP