[スポンサーリンク]

archives

1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate

イオン液体中でのFriedlander環化によるキノリン誘導体合成

Houらは,イオン液体1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート (BMIMPF6)を反応溶媒としたFriedlander環化反応によるキノリン誘導体の効率的な合成法を報告しています。それによれば,触媒として硝酸二アンモニウムセリウム(IV) (CAN) を用いることで反応は効率的に進行して高収率目的物が得られます。本反応はケトンの自己縮合による副反応を抑えたクリーンな反応です。

“The First Cerium (IV) Ammonium Nitrate (CAN)-Catalyzed Friedländer Synthesis of Quinolines in Ionic Liquid”

R.-S. Hou, H.-M. Wang, I.-J. Kang, H.-D. Du, and L.-C. Chen, Heterocycles 2010, 81, 689. DOI: 10.3987/COM-09-11865

Untitled_pict

A mild and efficient route for the synthesis of quinolines and polycyclic quinolines utilizing cerium (IV) ammonium nitrate (CAN) as a novel catalyst via Friedländer annulation in ionic liquid 1-n-butyl-3-methylimidazolium hexafluorophosphate [Bmim][PF6] under mild conditions was described.

 

  • 関連書籍

関連記事

  1. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  2. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  3. スマホページをリニューアルしました
  4. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  5. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  6. トップデザイン変更
  7. C60MC12
  8. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  2. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  3. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  4. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  5. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  6. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  7. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  8. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  9. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  10. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP