[スポンサーリンク]


2011年 4月 26日

  1. ノリッシュ反応 Norrish Reaction

    概要カルボニル化合物に光照射を行うと、ビラジカル中間体を経て結合開裂反応が起こる。アシルラジカルへと開裂するものをI型開裂、γ-水素引き抜きを伴う開裂をII型開裂と呼称する。基本文献…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  2. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝① 〜調剤薬局18時〜
  5. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  6. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?
  7. その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

注目情報

最新記事

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

PAGE TOP