[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

南 安規 Yasunori Minami

[スポンサーリンク]

南 安規(みなみ やすのり)は、日本の有機合成化学者である。産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センター・主任研究員。専門は有機合成化学、有機金属化学、均一系触媒化学。第32回ケムステVシンポ講師。

経歴

2005年3月  大阪大学工学部応用自然科学科 卒業
2009年5-7月 GCOE特別研究員 (University of Illinois, Prof. John F. Hartwig)
2010年3月  大阪大学工学研究科応用化学専攻 博士号取得(神戸宣明 教授)
2010年4月 日本学術振興会特別研究員, PD(檜山為次郎 研究室)
2011年4月  中央大学 研究開発機構 機構助教 (檜山為次郎 山研究室)
2017年8月  中央大学 研究開発機構 機構准教授(檜山為次郎 山研究室)
2019年5月  東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 プロジェクト准教授(細谷孝充 研究室)
2019年10月  現職
2021年10月  科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任)

受賞歴

2018年  宇部興産学術振興財団 第58回学術奨励賞
2015年  日本化学会第95回春季年会「第29回若い世代の特別講演会」講演賞
2011年  東レ研究企画賞(2011年度有機合成化学協会研究企画賞)
2008年  第35回有機典型元素化学討論会 優秀ポスター賞

研究業績

1. PPSの触媒的解重合

スーパーエンジニアリングプラスチックとして知られる,ポリフェニレンスルフィド(PPS)を,パラジウム触媒とトリアルキルヒドロシランを用いることによって,穏和な条件下で解重合が進行することがわかった.その結果,重要有機原料の一つであるベンゼンと,硫黄源として利用されているジシリルスルフィドに収率よく変換することに成功した.硫黄化合物の水素化反応で問題となる有毒の硫化水素を生じないため,本分解法な安全面に優れている.

2. シリルエチニルエーテルを用いる高反応性ブタジエンの構築

シリルエチニルエーテルは含酸素化合物の優れた合成素子として知られているが,これにパラジウム触媒を組み合わせることによって,炭素-水素結合の切断を伴うさまざまな分子変換反応を実施できる.たとえば,3,5-ジメチルフェニルエチニルエーテルとアセトフェノンとの反応を適切なパラジウム触媒条件下で反応させると,メチルケトンのα炭素-水素結合の付加,つづく二重結合の異性化を経てBrassard型ジエンと類似構造を持つ1,3-ジオキシ-1,3-ブタジエンが得られる.また,アリールシリルエチニルエーテルとピバル酸置換アリルをパラジウム触媒と炭酸セシウムを用いて反応させると,両基質の炭素-水素結合の切断が伴う環化反応が進行し,exo環状ジエンを得ることができる.これらの反応で合成したジエンはいずれもアルケンとの付加環化反応が進行し,さまざまな環状化合物に変換できる.

3. 芳香族トリアルキルシランを用いるクロスカップリング

安定な芳香族トリアルキルシランが,適切な求電子性銅(II)触媒と塩基から成る触媒系によってヨウ化アリールとクロスカップリングすることを見つけた.本研究は,合成中間体として汎用されるπ電子共役系芳香族化合物のシリル体を直接クロスカップリングに適用できる.炭素基質は電子求引性置換基を有する芳香族基,または複素芳香族基を有するトリアルキルシランが主な対象となるが,電子供与性ユニットであるチオフェンも適用できるので,有機材料分子の重要骨格となる芳香族基質はたいてい本クロスカップリングの適用範囲に収まる.

 

関連文献

  1. Minami, Y.; Matsuyama, N.; Takeichi, Y.; Watanabe, R.; Mathew, S.; Nakajima, Y. Preprint at Research Square. DOI: 10.21203/rs.3.rs-1792948/v1.
  2. Minami, Y.; Matsuyama, N.; Matsuo, Y.; Tamura, M.; Sato, K.; Nakajima, Y. Synthesis 2021, 53, 3351-3354. DOI: 10.1055/a-1518-9010.
  3. Minami, Y.; Miyamoto, H.; Nakajima, Y. ChemCatChem 2021, 13, 855-858. DOI: 10.1002/cctc.202001685.
  4. Minami, Y.; Furuya, Y.; Hiyama, T. Chem. Eur. J. 2020, 26, 9471-9474. DOI: 10.1002/chem.202001119.
  5. Minami, Y.; Noguchi, Y.; Yamada, M.; Tsuruoka, C.; Furuya, Y.; Hiyama, T. Chem. Lett. 2018, 47, 1288-1291. DOI: 10.1246/cl.180582.
  6. Komiyama, T.; Minami, Y.; Furuya, Y.; Hiyama, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 1987-1990. DOI: 10.1002/anie.201712081.
  7. Minami, Y.; Noguchi, Y.; Hiyama, T. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 14013-14016. DOI: 10.1021/jacs.7b08055.
  8. Komiyama, T.; Minami, Y.; Hiyama, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 15787-15791. DOI: 10.1002/anie.201608667.
  9. Minami, Y.; Sakai, M.; Anami, T.; Hiyama, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 8701-8705. DOI: 10.1002/anie.201602252.

関連書籍

“Transition metal-catalyzed cross-coupling of organosilicon compounds” Tamejiro Hiyama, Yasunori Minami, Atsunori Mori, In Organosilicon Chemistry: Novel Approaches and Reactions, Eds. Tamejiro Hiyama, Martin Oestreich, Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, 2020, p271-332.

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  2. bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler
  3. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  4. アレン・バード Allen J. Bard
  5. 竹本 佳司 Yoshiji Takemoto
  6. エリック・メガース Eric Meggers
  7. 佐伯 昭紀 Akinori Saeki
  8. アルバート・コットン Frank Albert Cotton

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  2. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか
  3. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  4. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  5. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  6. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  7. 大塚国際美術館
  8. 株式会社メカノクロス – メカノケミストリーの社会実装に向けた企業の設立
  9. 有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル
  10. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP