[スポンサーリンク]


2012年 6月 12日

  1. エチレンをつかまえて

    最も構造の単純な生理活性物質、エチレンを検出する生体模倣材料が開発されました。その鍵は、植物のエチレン受容体と同じく銅原子にあり!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  2. シューミン・リー Shu-Ming Li
  3. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  4. TQ: TriQuinoline
  5. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  6. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  7. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP