[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

[スポンサーリンク]

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  2. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  3. 角田試薬
  4. ODOOSをリニューアル!
  5. ピセン:Picene
  6. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  7. C60MC12
  8. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  3. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  4. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  5. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  6. “follow”は便利!
  7. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  8. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  9. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  10. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP