[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

[スポンサーリンク]

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  2. コランヌレン : Corannulene
  3. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  4. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…
  5. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  6. ケムステの記事が3650記事に到達!
  7. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  8. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  2. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する
  3. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  4. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  5. アスピリン あすぴりん aspirin 
  6. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  7. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  8. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  9. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  10. NeoCube 「ネオキューブ」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP