[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  2. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  3. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  4. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  5. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  6. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  7. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  8. ニュースタッフ追加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  2. エルマンイミン Ellman’s Imine
  3. ChemDrawの使い方【作図編③:表】
  4. 核酸医薬の物語3「核酸アプタマーとデコイ核酸」
  5. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  6. 細胞表面受容体の機能解析の新手法
  7. 工業製品コストはどのように決まる?
  8. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  9. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  10. コランニュレン corannulene

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP