[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  2. TFEDMA
  3. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  4. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  5. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  6. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  7. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  8. ニュースタッフ追加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  2. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  3. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  4. 中村 修二 Shuji Nakamura
  5. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan
  6. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  7. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  8. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  9. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  10. 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP