[スポンサーリンク]

Chem-Station

Chem-Station9周年へ

logo.png
 ついにChem-Stationが9周年を迎えました。実はすでに1ヶ月も過ぎていたのを忘れていました。さらには、トップにはいつのまには2001年からになってますが、2000年からです。今度直しておこうと思います。というわけで、はじめて9周年を迎えた訳ですが、小学生1年生なら高校生になっている訳で、初期のころからみていただいている方もずいぶんとお年を召されたと思います。そういう私も始めた頃は学生であったので、なんと時が経つのは速い物かと考えされられます。Chem-Stationも日進月歩で育ってきたといいたいところですが、まだまだやりたい事の5%もできておりません。完成系にはあと何年かかるのか。。といったところです。それではいつもの通り公約的なもの(全く守っていませんが)を書いていきたいと思います。

今年度の目標
1.最低限2分野の有機化学分野以外のコンテンツ、記事を充実させる。
2.スタッフを30人に増やす(現在登録スタッフ16名、ただし実働は2名+α)
3.ノーベル賞特集の開催(今年は日本人受賞の可能性大)
4.新しいWeb技術の導入(ツイッターしかり、フリッカーしかり。)
5.ODOOSと有機って面白いよね!のリニューアル
とこんなものでしょうか。大変申し訳ないのですが、日々の仕事に追われていまして、記事の作成、更新もままならないときが増えてきました。最近スタッフを募集した訳ですが、本当に彼らに期待したいものです。
それでは今後ともChem-Stationを宜しくお願い致します。
 (2009.6.7 Chem-Station代表 ブレビコミン)
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. Chem-Station開設5周年へ
  4. 2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  7. 2016年化学10大ニュース
  8. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  2. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  3. 172番元素までの周期表が提案される
  4. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  5. 第38回有機金属若手の会
  6. ノーベル賞いろいろ
  7. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解明
  8. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始
  9. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  10. アントシアニン / anthocyanin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP