[スポンサーリンク]


2012年 10月 11日

  1. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

    ジョン・S・トーソン(Jon S. Thorson, 19xx年xx月xx日-)アメリカの天然物化学者。ケンタッキー大学教授。Centroseという会社のco-founderでもある。 (さら…

  2. ペンタフルオロスルファニル化合物

    (さらに…)…

  3. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】
  2. 脱離反応 Elimination Reaction
  3. 【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ
  4. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  5. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  6. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~
  7. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ

注目情報

最新記事

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

PAGE TOP