[スポンサーリンク]


2012年 10月 11日

  1. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

    ジョン・S・トーソン(Jon S. Thorson, 19xx年xx月xx日-)アメリカの天然物化学者。ケンタッキー大学教授。Centroseという会社のco-founderでもある。 (さら…

  2. ペンタフルオロスルファニル化合物

    (さらに…)…

  3. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka

    ブライアン・コビルカは、Gタンパク質共役型受容体のアミノ酸配列および遺伝子の塩基配列の決定、ならびにエックス線結晶構造解析による立体構造の解明によって、2012年にロバート・レフコウィッツとともにノーベル化学賞を受けました。

  4. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz

    ロバート・レコフウィッツはアメリカの生理化学者であり、Gタンパク質共役型受容体タンパク質についての先駆的な研究によって、2012年にブライアン・コビルカとともにノーベル化学賞を受けました。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy
  2. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  3. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  4. 並外れた光可逆的粘弾性変化を示すシリコーンエラストマーの開発~市販のレーザーポインターをあてるだけで簡単にはがせる解体性粘接着剤用途に期待~
  5. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  6. 上村大輔教授追悼記念講演会
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)

注目情報

最新記事

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

PAGE TOP