[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  2. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  3. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  4. 芳香環シラノール
  5. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  6. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  7. スマホページをリニューアルしました
  8. ニュースタッフ追加

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  2. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  3. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  4. YMC-DispoPackAT 「ケムステを見た!!」 30%OFFキャンペーン
  5. 第45回BMSコンファレンス参加者募集
  6. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  7. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  9. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  10. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP