[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

[スポンサーリンク]

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  2. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  3. ノーベル化学賞への道公開
  4. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  5. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. Grubbs第一世代触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  2. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授
  3. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  4. JACSベータ
  5. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎
  6. アルカロイドの大量生産
  7. JSRとはどんな会社?-1
  8. 甲種危険物取扱者・合格体験記~カルダモン編
  9. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました
  10. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP