[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  2. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  3. (R,R)-DIPAMP
  4. 研究者へのインタビュー
  5. サレン-Mn錯体
  6. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-…
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  8. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  2. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  3. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  4. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  5. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  6. 不安定化合物ヒドロシランをうまくつくる方法
  7. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  8. リンダウ会議に行ってきた②
  9. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  10. 化学系ブログのランキングチャート

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP