[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  2. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  3. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  4. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  5. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  6. スーパーブレンステッド酸
  7. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  8. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成
  2. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  3. DOWとはどんな会社?-1
  4. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  5. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  6. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  7. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  8. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis
  9. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  10. カンブリア爆発の謎に新展開

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP