[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. MNBA脱水縮合剤
  2. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  6. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  7. Grubbs第一世代触媒
  8. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  2. 研究室での英語【Part 2】
  3. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  4. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  5. カブトガニの血液が人類を救う
  6. ハメット則
  7. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  8. Ns基とNos基とDNs基
  9. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  10. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP