[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. ウェブサイトのリニューアル
  2. トルキセン : Truxene
  3. スマホページをリニューアルしました
  4. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  5. ODOOSをリニューアル!
  6. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  7. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  8. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  2. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  3. 免疫/アレルギーーChemical Times特集より
  4. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  5. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  6. 秋の褒章2013-化学
  7. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  8. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  9. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  10. 貴金属に取って代わる半導体触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP