[スポンサーリンク]

archives

ペンタフルオロスルファニル化合物

P1969.gif

フェニルサルファーペンタフルオリドなどのペンタフルオロスルファニル基(-SF5基)を有する化合物は,強力な電子求引性と高い脂溶性を有し,医薬品や農薬の分野で優れたビルディングブロックとして注目されています。例えば,食欲抑制剤として知られるフェンフルラミンにおいて,トリフルオロメチル基を-SF5基に置き換えた場合,5-HT2b,5-HT2cおよび5-HT6受容体への親和性が増大することが報告されています。

J. T. Welch, D. S. Lim, Bioorg. Med. Chem. 2007, 15, 6659.

関連記事

  1. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  2. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  3. ODOOSをリニューアル!
  4. HTTPS化とサーバー移転
  5. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  6. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  7. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  8. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  2. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達
  3. 2007年秋の褒章
  4. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  5. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  6. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  7. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  8. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  9. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  10. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP