[スポンサーリンク]

一般的な話題

進撃のタイプウェル

[スポンサーリンク]

タイトル落ちですが、「おまえら英語よりもタイピングやろうぜ~初級編中級編上級編~」を受けてタイプウェルでタイピングの練習をしてみました。化学とは関係のない記事ですが夏休みですので許してくださいね。さて英語を1000時間以上勉強しても全く上達していない筆者でもタイピングは上達したでしょうか。

 

練習前の実力

以前、「驚異のブラインド・タッチハンドブック」という本で1週間か2週間程度タイピングの練習をしたことがあるんですが、なんとかキーボードを見ないでタイピングしているという程度でした。練習前にタイプウェル国語R(基本常用語)を5回打ってみたところ、ベストタイムは128.850秒でタイプミスは60回でした。

練習方法

タイプウェルの国語Rの基本常用語とタイプウェル英単語の基本英単語1500を打ちました。なお、練習を開始した頃にブラインドタッチができる数人の学生にタイプウェル国語R(基本常用語)をやってもらったところ、遅い人で130秒程度、早い人で80秒程度、最も早い人で70秒程度でしたので、目標タイムを100秒、70秒、50秒としてみました。

結果

国語R(基本常用語)の練習の結果は以下のようになりました。一日の練習回数と、その日のベストタイムを図にしています。練習期間は125日で、実質100日練習(25日休み)しました。練習回数は前半は一日5回から15回程度でしたが、後半は40回程度の日もありました。

目標タイムの100秒は15日目に突破、70秒は125日目になんとか突破することができました。全体のベストタイムは125日目の69.9秒で、ミスタイプは32回でした。通算練習回数は1235回でしたので、平均タイムを90秒としますと約31時間練習したことになります。目標タイム50秒に関しては・・・かなり時間がかかりそうですのであきらめました・・・。

英単語(基本英単語1500)は73日目までは国語R(基本常用語)をやった後に引き続いて練習していたんですが、日本語と英語の練習を同日にやると脳と手が混乱してしまい、このままではいつまでたっても上達しないと思い、73日目に止めてしまいました。ベストタイムは63日目の96.3秒で、タイプミスは60回でした。125日目にもう一度やってみたところ、手の動き自体は早くなっているのですが、タイプミスが多く平凡な記録しか出ませんでした。英単語に関しては別途練習が必要そうです。

 

途中変更点:感想

①19日目:タイプウェルの機能である目標設定の自己ベストの表示を始めた:毎回自分のベストタイムと勝負することになりかなりストレスかかるが、目標が分かりやすくなった。

②50日目:キーボードの後ろの方に本を敷いてキーボードを少し前に傾けた:上の方のキーに指が届きやすくなり、打ちやすくなった。

③112日目:「おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~」に書かれていたようにキータイプの表示速度を変更。KeyboardSpeedを200にした:キーの反応が速くなった気がして打ちやすくなった。初めから変更しておくべきだった。

④113日目:キーボードのキーの位置をChangeKeyを使って変更:変更直後は迷ってしまい打ちにくかったが、慣れると最も打ちにくかった「-」が打ちやすくなり、ホームが安定しタイプミスも少なくなった。初めから変更しておいても良かった気がするが、やや変更後の配置が紛らわしいため、最終的には元の配置で早くなった方が良いのかもしれない。

⑤120日目:SANWA SUPPLY TOK-MU3BKリストレストを導入:導入直後はなんとなく早く打てる気がしたが、結局125日目のベストタイムはリストレストを使っていない時に出たため、使ったほうが良いかどうか分からない。現在リストレストはキーボードを前に傾けるために、キーボードの後ろの方に敷いて使用。

 

感想

当初は1か月くらいでかなり早くなるのかなと思っていたが、考えが甘かったです。練習はかなり苦痛で、毎日練習を早く止めたくてしかたなかったです。一応125日間練習を続けられたのは化学者のつぶやきに報告するというモチベーションだけでしたので、「おまえら英語よりもタイピングやろうぜ~中級編~」にあったように、友人達と競ってやった方がいいと感じました。

ベストタイムが70秒程度だと、まだまだ自在に打てるという感じではなく先は長そうですが、少しは速くなりましたので、これからのデスクワークに生かしていけたらいいなと思ってます。

 

ナカシマ

ナカシマ

投稿者の記事一覧

化学と英語に関心があります。

関連記事

  1. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  2. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  3. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  4. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の…
  5. 実験でよくある失敗集30選|第2回「有機合成実験テクニック」(リ…
  6. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する
  7. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  2. ケミストリ・ソングス【Part 2】
  3. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  4. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応
  5. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  6. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Amination
  7. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  8. ジイミド還元 Diimide Reduction
  9. 科研費の審査員を経験して
  10. 「株式会社未来創薬研究所」を設立

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP