[スポンサーリンク]


2013年 3月 07日

  1. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis

    概要銅触媒、パラホルムアルデヒド、嵩高い2級アミン(ジシクロヘキシルアミン、ジイソプロピルアミンなど)の存在下に末端アルキンを一置換アレンへと変換する手法。 (さらに…)…

  2. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

    テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメ…

  3. 高峰譲吉の墓

    (引用:Find A Grave)日本を代表する"サムライ化学者"・高峰譲吉の墓…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 基礎材料科学
  2. 触媒と光で脳内のアミロイドβを酸素化
  3. 海外のインターンに参加してみよう
  4. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  5. マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)11月・12月度ウェビナー
  6. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  7. 藤田 誠 Makoto Fujita

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP