[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

テッド・ベグリーTadhg P. Begley

[スポンサーリンク]

 

テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメリカの化学者。

 

経歴

1977    B.Sc. National University of Ireland

1982    Ph.D. the California Institute of Technology (P. Dervan)

1982-   postdoctral research the University of Geneva (W. Oppolzer)and MIT (C. Walsh)

1986                    the Cornell Faculty

2009   professor Texas A&M University, chemistry Department

 

研究

ビタミンなど複雑な分子変換を経て合成される分子に関わる酵素の機能解析に取り組んでいる。thiamin、 molybdopterin、 pyridoxal phosphate、menaquinone.などの生合成を研究している。

Tadhg Begley biosynthesis.png

 

近年では、Thiaminの生合成に関わるsingle turnoverの酵素反応機構を明らかにしたのが記憶に新しいところである。

nature news.gif

Abhishek Chatterjee, N. Dinuka Abeydeera, Shridhar Bale, Pei-Jing Pai, Pieter C. Dorrestein, David H. Russell, Steven E. Ealick and Tadhg P. Begley, Nature 478, 542–546 (2011). DOI:10.1038/nature10503

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long
  2. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  3. 春田 正毅 Masatake Haruta
  4. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  5. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt II…
  6. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  7. デイヴィット・ベイカー David Baker
  8. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  2. 近況報告PartII
  3. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  4. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  5. 恋する創薬研究室
  6. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  8. セルロースナノファイバーの真価
  9. 文化勲章・受章化学者一覧
  10. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP