[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

テッド・ベグリーTadhg P. Begley

[スポンサーリンク]

 

テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメリカの化学者。

 

経歴

1977    B.Sc. National University of Ireland

1982    Ph.D. the California Institute of Technology (P. Dervan)

1982-   postdoctral research the University of Geneva (W. Oppolzer)and MIT (C. Walsh)

1986                    the Cornell Faculty

2009   professor Texas A&M University, chemistry Department

 

研究

ビタミンなど複雑な分子変換を経て合成される分子に関わる酵素の機能解析に取り組んでいる。thiamin、 molybdopterin、 pyridoxal phosphate、menaquinone.などの生合成を研究している。

Tadhg Begley biosynthesis.png

 

近年では、Thiaminの生合成に関わるsingle turnoverの酵素反応機構を明らかにしたのが記憶に新しいところである。

nature news.gif

Abhishek Chatterjee, N. Dinuka Abeydeera, Shridhar Bale, Pei-Jing Pai, Pieter C. Dorrestein, David H. Russell, Steven E. Ealick and Tadhg P. Begley, Nature 478, 542–546 (2011). DOI:10.1038/nature10503

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 遠藤章 Akira Endo
  2. キース・ファニュー Keith Fagnou
  3. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  4. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  5. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  6. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  7. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  8. クラーク・スティル W. Clark Still

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  2. パーソナライズド・エナジー構想
  3. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  4. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  5. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  6. 個性あるジャーナル表紙
  7. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  8. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  9. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  10. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP