[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

テッド・ベグリーTadhg P. Begley

[スポンサーリンク]

 

テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメリカの化学者。

 

経歴

1977    B.Sc. National University of Ireland

1982    Ph.D. the California Institute of Technology (P. Dervan)

1982-   postdoctral research the University of Geneva (W. Oppolzer)and MIT (C. Walsh)

1986                    the Cornell Faculty

2009   professor Texas A&M University, chemistry Department

 

研究

ビタミンなど複雑な分子変換を経て合成される分子に関わる酵素の機能解析に取り組んでいる。thiamin、 molybdopterin、 pyridoxal phosphate、menaquinone.などの生合成を研究している。

Tadhg Begley biosynthesis.png

 

近年では、Thiaminの生合成に関わるsingle turnoverの酵素反応機構を明らかにしたのが記憶に新しいところである。

nature news.gif

Abhishek Chatterjee, N. Dinuka Abeydeera, Shridhar Bale, Pei-Jing Pai, Pieter C. Dorrestein, David H. Russell, Steven E. Ealick and Tadhg P. Begley, Nature 478, 542–546 (2011). DOI:10.1038/nature10503

 

外部リンク

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 野依 良治 Ryoji Noyori
  2. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  3. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  4. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  5. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  6. ベン・シェンBen Shen
  7. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifiel…
  8. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン
  2. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  3. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
  4. 三洋化成の新分野への挑戦
  5. 堀場雅夫 Masao Horiba  
  6. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  7. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  8. アンモニアを窒素へ変換する触媒
  9. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  10. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP