[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

テッド・ベグリーTadhg P. Begley

[スポンサーリンク]

 

テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメリカの化学者。

 

経歴

1977    B.Sc. National University of Ireland

1982    Ph.D. the California Institute of Technology (P. Dervan)

1982-   postdoctral research the University of Geneva (W. Oppolzer)and MIT (C. Walsh)

1986                    the Cornell Faculty

2009   professor Texas A&M University, chemistry Department

 

研究

ビタミンなど複雑な分子変換を経て合成される分子に関わる酵素の機能解析に取り組んでいる。thiamin、 molybdopterin、 pyridoxal phosphate、menaquinone.などの生合成を研究している。

Tadhg Begley biosynthesis.png

 

近年では、Thiaminの生合成に関わるsingle turnoverの酵素反応機構を明らかにしたのが記憶に新しいところである。

nature news.gif

Abhishek Chatterjee, N. Dinuka Abeydeera, Shridhar Bale, Pei-Jing Pai, Pieter C. Dorrestein, David H. Russell, Steven E. Ealick and Tadhg P. Begley, Nature 478, 542–546 (2011). DOI:10.1038/nature10503

 

外部リンク

ゼロ

ゼロ

投稿者の記事一覧

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪
ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi
  2. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  3. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  4. フランク・グローリアス Frank Glorius
  5. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  6. ジョージ・スミス George P Smith
  7. 井上 将行 Masayuki Inoue
  8. 新海征治 Seiji Shinkai

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  2. ケミカル・ライトの作り方
  3. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  4. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  5. 化学系ラボでSlackを使ってみた
  6. 速報! ノーベル物理学賞2014日本人トリプル受賞!!
  7. アミンの新合成法2
  8. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  9. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学
  10. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP