[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

テッド・ベグリーTadhg P. Begley

 

テッド・ベグリー(Tadhg P. Begley、19xx年xx月xx日-)アメリカの化学者。

 

経歴

1977    B.Sc. National University of Ireland

1982    Ph.D. the California Institute of Technology (P. Dervan)

1982-   postdoctral research the University of Geneva (W. Oppolzer)and MIT (C. Walsh)

1986                    the Cornell Faculty

2009   professor Texas A&M University, chemistry Department

 

研究

ビタミンなど複雑な分子変換を経て合成される分子に関わる酵素の機能解析に取り組んでいる。thiamin、 molybdopterin、 pyridoxal phosphate、menaquinone.などの生合成を研究している。

Tadhg Begley biosynthesis.png

 

近年では、Thiaminの生合成に関わるsingle turnoverの酵素反応機構を明らかにしたのが記憶に新しいところである。

nature news.gif

Abhishek Chatterjee, N. Dinuka Abeydeera, Shridhar Bale, Pei-Jing Pai, Pieter C. Dorrestein, David H. Russell, Steven E. Ealick and Tadhg P. Begley, Nature 478, 542–546 (2011). DOI:10.1038/nature10503

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
ゼロ

ゼロ

女の子。研究所勤務。趣味は読書とハイキング ♪ ハンドルネームは村上龍の「愛と幻想のファシズム」の登場人物にちなんでま〜す。5 分後の世界、ヒュウガ・ウイルスも好き!

関連記事

  1. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  2. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  3. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  4. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  5. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  6. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  7. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  8. 寺崎 治 Osamu Terasaki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  2. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  3. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  4. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  5. 還元された酸化グラフェン(その1)
  6. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験をレビュー~
  7. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  8. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  9. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  10. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP