[スポンサーリンク]


2013年 7月 27日

  1. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル

    (さらに…)…

  2. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

    マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. CSJカレントレビューシリーズ書評
  2. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  3. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジカル電池を開発
  4. Modern Method of Organic Synthesis
  5. 原油生産の切り札!? 国内原油生産の今昔物語
  6. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  7. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP