[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

 

マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機化学者である。ケンブリッジ大学化学科教授(写真:The Gaunt Group)。

経歴

1995 バーミンガム大学 卒業(首席)
1999 ケンブリッジ大学 博士号取得(J.B.Spencer教授)
1999-2001 ペンシルバニア大学 博士研究員(A.B.Smith教授)
2001-2003 マグダレン大学 Junior Research Fellow(Steven V. Ley教授)
2003 ケンブリッジ大学 助教授
2006 ケンブリッジ大学 講師
2010 ケンブリッジ大学 Reader (准教授相当) in Chemical Synthesis
2012 ケンブリッジ大学 教授

受賞歴

2005 DowPharma Prize for Creativity in Chiral Chemistry
2008 Novartis Young Early Career Award in Organic Chemistry
2008 Eli Lilly Young UK Lecturer Award
2009 AstraZeneca Research Award
2009 Chemical Society Reviews Emerging Investigator Award
2013 Royal Chemical Society Corday Morgan Medal
2016 Arthur C. Cope Scholar Award

研究業績

有機合成における新規方法論の開発

とりわけ超原子価ヨウ素を用いる触媒的方法論、C-H活性化反応、カスケード過程を活用した天然物の迅速合成に焦点をおいて取り組んでいる。

C–H活性化反応においては、とりわけ位置選択的な反応を開発している。インドール、ピロールの位置選択的なアルケニル化反応[1] 、メタ選択的な触媒的C-Hアリール化反応[2]、

MJ_Gaunt_2.png

フェノールおよびアニリン誘導体のパラ選択的なアリール化反応[3]、α-アリールカルボニル化合物のメタ選択的なアリール化反応[4]など。最近では超原子価ヨウ素をアリール化剤とした銅触媒反応も開発している。[6]

また、2014年にPD触媒を用いた脂肪族アミンのC-H活性化反応をNatureに報告している。[7]

 

名言集

 

コメント&その他

関連動画

関連文献

  1.  N. P. Grimster, C. Gauntlett, C. R. A. Godfrey, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 3125. DOI: 10.1002/anie.200500468
  2. E. M. Beck, N. P. Grimster, R. Hatley, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2528. DOI: 10.1021/ja058141u
  3. Phipps, R. J.; Gaunt, M. J. Science 2009323, 1593, DOI:10.1126/science.1169975
  4. C.-L. Ciana, R. J. Phipps, J. R. Brandt, F.-M. Meyer, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 458. DOI: 10.1002/anie.201004703
  5. (a) H. A. Duong, R. E. Gilligan, M. L. Cooke, R. J. Phipps, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 463. (b) M. J. Tredwell, M. Gulias, N. G. Bremeyer, C. C. Johansson, B. S. L. Collins, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 1076.
  6. (a) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 10773. (b) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5332.
  7. McNally, A.; Haffemayer, B.; Collins, B. S. L.; Gaunt, M. J. Nature2014510, 129. DOI:10.1038/nature13389

 

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  2. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  3. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  4. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  5. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  6. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Wo…
  8. 原田 明 Akira Harada

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  2. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  3. プロドラッグの話
  4. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜
  5. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  6. iPhone/iPod Touchで使える化学アプリ-ケーション【Part 3】
  7. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  8. ヘキサメチレンテトラミン
  9. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】
  10. JACSベータ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP