[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

[スポンサーリンク]

 

マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機化学者である。ケンブリッジ大学化学科教授(写真:The Gaunt Group)。

経歴

1995 バーミンガム大学 卒業(首席)
1999 ケンブリッジ大学 博士号取得(J.B.Spencer教授)
1999-2001 ペンシルバニア大学 博士研究員(A.B.Smith教授)
2001-2003 マグダレン大学 Junior Research Fellow(Steven V. Ley教授)
2003 ケンブリッジ大学 助教授
2006 ケンブリッジ大学 講師
2010 ケンブリッジ大学 Reader (准教授相当) in Chemical Synthesis
2012 ケンブリッジ大学 教授

受賞歴

2005 DowPharma Prize for Creativity in Chiral Chemistry
2008 Novartis Young Early Career Award in Organic Chemistry
2008 Eli Lilly Young UK Lecturer Award
2009 AstraZeneca Research Award
2009 Chemical Society Reviews Emerging Investigator Award
2013 Royal Chemical Society Corday Morgan Medal
2016 Arthur C. Cope Scholar Award

研究業績

有機合成における新規方法論の開発

とりわけ超原子価ヨウ素を用いる触媒的方法論、C-H活性化反応、カスケード過程を活用した天然物の迅速合成に焦点をおいて取り組んでいる。

C–H活性化反応においては、とりわけ位置選択的な反応を開発している。インドール、ピロールの位置選択的なアルケニル化反応[1] 、メタ選択的な触媒的C-Hアリール化反応[2]、

MJ_Gaunt_2.png

フェノールおよびアニリン誘導体のパラ選択的なアリール化反応[3]、α-アリールカルボニル化合物のメタ選択的なアリール化反応[4]など。最近では超原子価ヨウ素をアリール化剤とした銅触媒反応も開発している。[6]

また、2014年にPD触媒を用いた脂肪族アミンのC-H活性化反応をNatureに報告している。[7]

 

名言集

 

コメント&その他

関連動画

関連文献

  1.  N. P. Grimster, C. Gauntlett, C. R. A. Godfrey, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 3125. DOI: 10.1002/anie.200500468
  2. E. M. Beck, N. P. Grimster, R. Hatley, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2528. DOI: 10.1021/ja058141u
  3. Phipps, R. J.; Gaunt, M. J. Science 2009323, 1593, DOI:10.1126/science.1169975
  4. C.-L. Ciana, R. J. Phipps, J. R. Brandt, F.-M. Meyer, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 458. DOI: 10.1002/anie.201004703
  5. (a) H. A. Duong, R. E. Gilligan, M. L. Cooke, R. J. Phipps, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 463. (b) M. J. Tredwell, M. Gulias, N. G. Bremeyer, C. C. Johansson, B. S. L. Collins, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 1076.
  6. (a) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 10773. (b) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5332.
  7. McNally, A.; Haffemayer, B.; Collins, B. S. L.; Gaunt, M. J. Nature2014510, 129. DOI:10.1038/nature13389

 

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  2. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  3. イライアス・コーリー E. J. Corey
  4. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  5. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  6. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  7. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  8. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  2. ディスコデルモライド /Discodermolide
  3. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説
  4. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  5. Junfeng Zhao
  6. 近況報告PartIV
  7. アウグスト・ホルストマン  熱力学と化学熱力学の架け橋
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  9. Carl Boschの人生 その2
  10. ルィセンコ騒動のはなし(後編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP