[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

 

マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機化学者である。ケンブリッジ大学化学科教授(写真:The Gaunt Group)。

経歴

1995 バーミンガム大学 卒業(首席)
1999 ケンブリッジ大学 博士号取得(J.B.Spencer教授)
1999-2001 ペンシルバニア大学 博士研究員(A.B.Smith教授)
2001-2003 マグダレン大学 Junior Research Fellow(Steven V. Ley教授)
2003 ケンブリッジ大学 助教授
2006 ケンブリッジ大学 講師
2010 ケンブリッジ大学 Reader (准教授相当) in Chemical Synthesis
2012 ケンブリッジ大学 教授

受賞歴

2005 DowPharma Prize for Creativity in Chiral Chemistry
2008 Novartis Young Early Career Award in Organic Chemistry
2008 Eli Lilly Young UK Lecturer Award
2009 AstraZeneca Research Award
2009 Chemical Society Reviews Emerging Investigator Award
2013 Royal Chemical Society Corday Morgan Medal
2016 Arthur C. Cope Scholar Award

研究業績

有機合成における新規方法論の開発

とりわけ超原子価ヨウ素を用いる触媒的方法論、C-H活性化反応、カスケード過程を活用した天然物の迅速合成に焦点をおいて取り組んでいる。

C–H活性化反応においては、とりわけ位置選択的な反応を開発している。インドール、ピロールの位置選択的なアルケニル化反応[1] 、メタ選択的な触媒的C-Hアリール化反応[2]、

MJ_Gaunt_2.png

フェノールおよびアニリン誘導体のパラ選択的なアリール化反応[3]、α-アリールカルボニル化合物のメタ選択的なアリール化反応[4]など。最近では超原子価ヨウ素をアリール化剤とした銅触媒反応も開発している。[6]

また、2014年にPD触媒を用いた脂肪族アミンのC-H活性化反応をNatureに報告している。[7]

 

名言集

 

コメント&その他

関連動画

関連文献

  1.  N. P. Grimster, C. Gauntlett, C. R. A. Godfrey, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 3125. DOI: 10.1002/anie.200500468
  2. E. M. Beck, N. P. Grimster, R. Hatley, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2528. DOI: 10.1021/ja058141u
  3. Phipps, R. J.; Gaunt, M. J. Science 2009323, 1593, DOI:10.1126/science.1169975
  4. C.-L. Ciana, R. J. Phipps, J. R. Brandt, F.-M. Meyer, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 458. DOI: 10.1002/anie.201004703
  5. (a) H. A. Duong, R. E. Gilligan, M. L. Cooke, R. J. Phipps, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 463. (b) M. J. Tredwell, M. Gulias, N. G. Bremeyer, C. C. Johansson, B. S. L. Collins, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 1076.
  6. (a) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 10773. (b) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5332.
  7. McNally, A.; Haffemayer, B.; Collins, B. S. L.; Gaunt, M. J. Nature2014510, 129. DOI:10.1038/nature13389

 

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  2. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  4. ジョージ・チャーチ George M. Church
  5. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  6. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  7. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  8. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  2. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  3. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  4. シャンパンの泡、脱気の泡
  5. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  6. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  7. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  8. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  9. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  10. 有機の王冠

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP