[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

[スポンサーリンク]

 

マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機化学者である。ケンブリッジ大学化学科教授(写真:The Gaunt Group)。

経歴

1995 バーミンガム大学 卒業(首席)
1999 ケンブリッジ大学 博士号取得(J.B.Spencer教授)
1999-2001 ペンシルバニア大学 博士研究員(A.B.Smith教授)
2001-2003 マグダレン大学 Junior Research Fellow(Steven V. Ley教授)
2003 ケンブリッジ大学 助教授
2006 ケンブリッジ大学 講師
2010 ケンブリッジ大学 Reader (准教授相当) in Chemical Synthesis
2012 ケンブリッジ大学 教授

受賞歴

2005 DowPharma Prize for Creativity in Chiral Chemistry
2008 Novartis Young Early Career Award in Organic Chemistry
2008 Eli Lilly Young UK Lecturer Award
2009 AstraZeneca Research Award
2009 Chemical Society Reviews Emerging Investigator Award
2013 Royal Chemical Society Corday Morgan Medal
2016 Arthur C. Cope Scholar Award

研究業績

有機合成における新規方法論の開発

とりわけ超原子価ヨウ素を用いる触媒的方法論、C-H活性化反応、カスケード過程を活用した天然物の迅速合成に焦点をおいて取り組んでいる。

C–H活性化反応においては、とりわけ位置選択的な反応を開発している。インドール、ピロールの位置選択的なアルケニル化反応[1] 、メタ選択的な触媒的C-Hアリール化反応[2]、

MJ_Gaunt_2.png

フェノールおよびアニリン誘導体のパラ選択的なアリール化反応[3]、α-アリールカルボニル化合物のメタ選択的なアリール化反応[4]など。最近では超原子価ヨウ素をアリール化剤とした銅触媒反応も開発している。[6]

また、2014年にPD触媒を用いた脂肪族アミンのC-H活性化反応をNatureに報告している。[7]

 

名言集

 

コメント&その他

関連動画

関連文献

  1.  N. P. Grimster, C. Gauntlett, C. R. A. Godfrey, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 3125. DOI: 10.1002/anie.200500468
  2. E. M. Beck, N. P. Grimster, R. Hatley, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2528. DOI: 10.1021/ja058141u
  3. Phipps, R. J.; Gaunt, M. J. Science 2009323, 1593, DOI:10.1126/science.1169975
  4. C.-L. Ciana, R. J. Phipps, J. R. Brandt, F.-M. Meyer, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 458. DOI: 10.1002/anie.201004703
  5. (a) H. A. Duong, R. E. Gilligan, M. L. Cooke, R. J. Phipps, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 463. (b) M. J. Tredwell, M. Gulias, N. G. Bremeyer, C. C. Johansson, B. S. L. Collins, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 1076.
  6. (a) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 10773. (b) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5332.
  7. McNally, A.; Haffemayer, B.; Collins, B. S. L.; Gaunt, M. J. Nature2014510, 129. DOI:10.1038/nature13389

 

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 井上 将行 Masayuki Inoue
  2. 田中耕一 Koichi Tanaka
  3. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  4. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  5. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramak…
  6. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute…
  7. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  8. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年はキログラムに注目だ!
  2. アルゴン (argon; Ar)
  3. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction
  4. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reaction (Nitroaldol Reaction)
  5. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  6. きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑
  7. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  8. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模
  9. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  10. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP