[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

 

マシュー・J・ゴーント(Matthew J. Gaunt、19xx年xx月xx日-)はイギリスの有機化学者である。ケンブリッジ大学化学科教授(写真:The Gaunt Group)。

経歴

1995 バーミンガム大学 卒業(首席)
1999 ケンブリッジ大学 博士号取得(J.B.Spencer教授)
1999-2001 ペンシルバニア大学 博士研究員(A.B.Smith教授)
2001-2003 マグダレン大学 Junior Research Fellow(Steven V. Ley教授)
2003 ケンブリッジ大学 助教授
2006 ケンブリッジ大学 講師
2010 ケンブリッジ大学 Reader (准教授相当) in Chemical Synthesis
2012 ケンブリッジ大学 教授

受賞歴

2005 DowPharma Prize for Creativity in Chiral Chemistry
2008 Novartis Young Early Career Award in Organic Chemistry
2008 Eli Lilly Young UK Lecturer Award
2009 AstraZeneca Research Award
2009 Chemical Society Reviews Emerging Investigator Award
2013 Royal Chemical Society Corday Morgan Medal
2016 Arthur C. Cope Scholar Award

研究業績

有機合成における新規方法論の開発

とりわけ超原子価ヨウ素を用いる触媒的方法論、C-H活性化反応、カスケード過程を活用した天然物の迅速合成に焦点をおいて取り組んでいる。

C–H活性化反応においては、とりわけ位置選択的な反応を開発している。インドール、ピロールの位置選択的なアルケニル化反応[1] 、メタ選択的な触媒的C-Hアリール化反応[2]、

MJ_Gaunt_2.png

フェノールおよびアニリン誘導体のパラ選択的なアリール化反応[3]、α-アリールカルボニル化合物のメタ選択的なアリール化反応[4]など。最近では超原子価ヨウ素をアリール化剤とした銅触媒反応も開発している。[6]

また、2014年にPD触媒を用いた脂肪族アミンのC-H活性化反応をNatureに報告している。[7]

 

名言集

 

コメント&その他

関連動画

関連文献

  1.  N. P. Grimster, C. Gauntlett, C. R. A. Godfrey, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 3125. DOI: 10.1002/anie.200500468
  2. E. M. Beck, N. P. Grimster, R. Hatley, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 2528. DOI: 10.1021/ja058141u
  3. Phipps, R. J.; Gaunt, M. J. Science 2009323, 1593, DOI:10.1126/science.1169975
  4. C.-L. Ciana, R. J. Phipps, J. R. Brandt, F.-M. Meyer, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 458. DOI: 10.1002/anie.201004703
  5. (a) H. A. Duong, R. E. Gilligan, M. L. Cooke, R. J. Phipps, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 463. (b) M. J. Tredwell, M. Gulias, N. G. Bremeyer, C. C. Johansson, B. S. L. Collins, M. J. Gaunt, Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 1076.
  6. (a) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 10773. (b) R. J. Phipps, L. McMurray, S. Ritter, H. A. Duong, M. J. Gaunt, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 5332.
  7. McNally, A.; Haffemayer, B.; Collins, B. S. L.; Gaunt, M. J. Nature2014510, 129. DOI:10.1038/nature13389

 

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 下村 脩 Osamu Shimomura
  2. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  3. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  4. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  5. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  6. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  7. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  8. M.G.フィン M. G. Finn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  2. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  3. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  4. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  5. 理系の海外大学院・研究留学記
  6. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  7. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  8. バニリン /Vanillin
  9. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  10. カンブリア爆発の謎に新展開

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP