[スポンサーリンク]

医薬品

トラネキサム酸 / tranexamic acid

[スポンサーリンク]

toraneki2.gif最近とある会社の美白化粧品等に「トラネキサム酸」配合って記載されてますけどこれって一体どういう効果があるの?なんて疑問に思ったことありませんか。一言でいうと「美白効果」があります。


シミの部位には炎症状態にある細胞が、正常部位より多く存在しています。炎症状態の細胞と言いましても、それらは目に見えるものではありません。シミ部位ではメラニンを作り出す細胞が常に活性化されており、メラニンの過剰生成が持続していると考えられています。トラネキサム酸はシミ部位の炎症に作用し、メラニンを作りだす細胞の活性化を抑制する働きがあります。さらに、トラネキサム酸は直りにくいとされてきたシミである肝斑の改善に効果があります。トラネキサム酸入りの肝斑の市販薬としては、第一三共ヘルスケアが販売している「トランシーノ」があります。

さてさて、トラネキサム酸はもともと出血を止める薬の成分として用いられていました。さらに、湿疹などの皮膚の病気、口内炎や扁桃腺炎などの炎症などの治療にも用いられていました。これら二つの効能を利用した賢い商品があります。それは歯磨き粉です。トラネキサム酸は歯磨きの時に、歯茎からの出血を防ぎ、さらに歯茎の炎症を抑える働きをしています。
構造は単純ですけど、美白、炎症、止血と多くの優れた効果を示すトラネキサム酸はすぐれものですね。

  • 関連書籍
  • 関連商品
  • 関連リンク
歯周病菌と戦うサンスターGUM(ガム)
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ストリゴラクトン : strigolactone
  2. シアノスター Cyanostar
  3. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  4. アルゴン (argon; Ar)
  5. カフェイン caffeine
  6. カルボプラチン /carboplatin
  7. ITO 酸化インジウム・スズ
  8. ヒノキチオール (hinokitiol)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う
  2. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~
  3. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  4. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる
  5. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  6. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  7. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表
  8. 田辺シリル剤
  9. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  10. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

【基礎からわかる/マイクロ波化学(株)ウェビナー】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験動画、実証設備、安全対策を公開〜

<内容>実験室では広く使われ、論文では興味を引く事例を目にすることが多いマイクロ波。興味…

配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換

第315回のスポットライトリサーチは、立教大学理学部・新堀佳紀 助教にお願いしました。近年エ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP