[スポンサーリンク]


2015年 4月 24日

  1. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015

    毎年、皆さまにご好評をいただいております「FT-IR・ラマンユーザーズフォーラム2015」を今年も開催します。現在、好評受付中です。参加はもちろん無料です。本のフォーラムでは、分光分析業界で高名な先生方のご講演をはじめ、当社のFT-…

  2. カフェイン caffeine

    カフェインは、コーヒーやチャなどの植物に含まれ、眠気を覚まし、集中力を高める作用を持つ成分。

  3. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ

    内容訳者のことばから:有機化学の最も重要な使命の一つは,新しい機能性分子…

  4. 化学のあるある誤変換

    ようやく暖かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。新年度がスタートし、様々な書類の作成がある…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 青いセレンディピティー
  2. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成
  3. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  4. 研究室での英語【Part1】
  5. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT)
  6. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  7. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP