[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第六回ケムステVシンポ「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

[スポンサーリンク]

第5回もまだ終わっていないですが、第6回ケムステVシンポの開催告知です。

今回は、タイトルにあるように「金属錯体触媒」をテーマとして開催することとなりました。実はこの企画、第4回と同じく、CSJカレントレビューとのコラボレーション企画です。対象となるCSJカレントレビューはこれ。

すでにケムステでも書評を紹介しています。この執筆者から、3名の著名化学者に講演していただきます。以下詳細。

実施概要

第六回ケムステバーチャルシンポジウム
「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」

日時:2020年7月29日(水)18:00〜
会場:オンライン(講演者はZoom使用・ YouTubeライブの限定URL配信(URLは開催前日および直前に配布)、1週間弱の限定公開は予定していますので、申し込みさえしていればリアルタイムでなくても視聴可能です。)
定員:先着 3000名(途中参加・途中退出自由)
言語:日本語
主催:Chem-Station
協賛:東京化成工業株式会社メルク株式会社島津製作所
後援:化学同人
参加登録:Connpassイベントページで行ってください・開始30分前まで受付利用ガイドはこちら

参加登録はこちら

参加費:無料
Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #CSJカレントレビュー

タイムテーブルの目安:講演時間20分+質問5-10分程度
18:00 – 開会のあいさつ・イントロダクションと講師の方々の紹介
18:15 – 講演1 招待講演
18:45 -休憩
18:50 – 講演2 招待講演
19:20 -休憩
19:25 – 講演3招待講演
19:55 – 閉会のあいさつ、解散

講演者(敬称略):

【講演1】
中尾 佳亮 先生 (京大・教授)
「協働金属触媒による有機合成反応」

【講演2】
宇都宮 賢先生 (三菱ケミカル)
「均一系触媒プロセス開発で考えるべきこと」

【講演3】
荘司 長三 先生 (名大・教授)
「酵素を誤作動させる分子を使う物質変換」

[形式等、留意事項]
  • 講演者方のスライドをZoomで画面共有し,YouTube Liveで配信する形式で講演を行っていただきます.
  • 質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,講演者は講演後に確認しますので、ぜひ積極的にお願いいたします。

運営
ファシリテーター:鷹谷絢 (東工大・准教授)
モデレーター:
藤井郁哉(京大・大学院生・中尾研究室)
榊原 えりか(名大:大学院生・莊司研究室)
小川功喜(東工大・大学院生・岩澤研究室)

今回のテーマは「金属錯体触媒」です。前述したように、コラボレーションにより、CSJカレントレビュー37号「高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして」に関連した演者をお招きいたしました。この金属錯体触媒をキーワードに、化学合成に匠に適用する中尾先生、工業化に挑戦する宇都宮博士、そして生体内で行う莊司先生といった内容で。今回もケムステスタッフはサポーターとして参加し、上記の先生・学生の皆さんに運営を行っていただきます。

なお、前回同様参加登録者特典として、書籍購入者には「ケムステVシンポ参加者割引」が適用されます。

ケムステVシンポ参加者割引について

出版元である化学同人に交渉して特別価格を設定していただきました。送料込み・税込みの価格で3800円で購入可能です(通常4,620円)。

なお、書籍の割引には特別の注文書が必要ですので、登録者された方にメールでご送付いたします。事前に購入希望の方ははやめに登録ください*

しかも、なんと、実は今回の37号のみならず、最近刊行された34-37号すべて特別価格で購入可能です。ご尽力いただいた化学同人にこの場を借りて御礼申し上げます!

*: 登録後数日以内に、それまで登録した方々にメールを差し上げます。送付は支払いの形によっては3日から1週間程度要します。それ以後はURL送付時もしくは講演後になります。

ぜひとも、ご参加ください!

参加登録はこちら

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

    • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
      弊社では,金属錯体に関する試薬を多数取り扱っています。
      遷移金属触媒の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/2Nimnjh
      配位子の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/2CoVqbn 

メルク

  • 触媒が切り拓く分野の一つに、有機合成におけるC-H活性化反応があります。
    新しい「C-H活性化反応マニュアル」は、反応ごとに分類された反応条件や選択性に関する情報が満載です。
    詳しくはこちら

島津製作所

 

今年で創業145周年を迎えました。
人々の願いを実現し、社会に貢献するために。
島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。
→詳しくはこちら
分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。
→詳しくはこちら

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

今回の講演者の関連ケムステ記事

中尾先生

宇都宮先生

  • 該当記事なし

莊司先生

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 元素検定にチャレンジせよ!
  2. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  3. The Journal of Unpublished Chemi…
  4. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング…
  5. ケムステの記事が3650記事に到達!
  6. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)…
  7. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  8. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  2. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  3. 遺伝子工学ーゲノム編集と最新技術ーChemical Times特集より
  4. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  5. 化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~
  6. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  7. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”
  8. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開
  9. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  10. 口頭発表での緊張しない6つのヒント

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP