[スポンサーリンク]

ケムステしごと

水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム

[スポンサーリンク]

味の素ファインテクノ社で開発を進めている新規封止フィルムについて紹介します。

高速ネットワーク通信5GやIoT (Internet of Things)の時代に入り、LCD (Liquid Crystal Display)に代わる次世代ディスプレイの開発が盛んに行われていますが、その中でOLED (Organic Light Emitting Diode)に注目が集まっています。OLEDが搭載されたテレビやスマートフォンは既に上市されていますが、フォルダブル・ローラブルといったユニークな形や機能を持つOLEDディスプレイが今後登場していきます。

OLEDは既存のLCDと比較して、鮮やかな映像の実現と薄型軽量化という特長を有する一方、発光源である有機素子に起因して酸素・水分に対して極めて弱い為、素子自体を高いレベルで水蒸気から封止をする技術が必要です。現在は無機膜やバリアフィルムを用いた封止方法が適用されて、高いレベルの封止性能が得られますが、複雑なOLEDの生産工程や、大面積に適さないといった課題もあります。今度、これらの課題を克服することに加え、フレキシブル性を持ち、量産プロセスに対応した封止材料の開発が急務です。

我々は、味の素ビルドアップフィルム®(ABF)のフィルム化技術、一液熱硬化接着剤の低温短時間硬化技術を融合・発展させ、高い水蒸気封止性を有する粘・接着性フィルムを開発しています。

高い水蒸気バリア性(=水蒸気を通さない性質)に加え、金属箔などの封止基材やOLED素子との高い接着力持ち、更には、水平方向の水蒸気の侵入を完全に遮断する特長を持ちます。

また、セロハンテープのように熱をかけず封止をすることが出来る為、素子を保護すると言う意味で、熱に弱いOLED素子をはじめ、有機太陽電池素子、ペロブスカイト型太陽電池素子などの封止に最適です。また、簡便に封止できるという点で、お客様での製造コストを大きく下げる可能性も秘めています。現在、これら未来デバイスを世界に広めるように、最終の合わせ込みをしています。

我々の材料開発の精神は、持っている技術を融合し、他の技術を取り入れて発展させて、お客様の製品や製造工程にて常識を覆すような大きな価値が生まれる(=イノベーションが起きる)材料を提供することです。お客様の求める真の価値を追求し、当社製品の組成はもとより、使い方、形態など、どのようなことでも変えていき、お客様でのイノベーションを起すことを目指します。この基本的な考え方が、当社自身の成りたい姿、イノベーションプロバイダーです。

2022年11月14日更新

関連リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~
  2. 【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チ…
  3. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  4. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  5. 再生医療関連技術ーChemical Times特集より
  6. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  7. 卒論・修論にむけて〜わかりやすく伝わる文章を書こう!〜
  8. 学会風景2001

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マーティン・カープラス Martin Karplus
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  3. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  4. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  5. スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します
  6. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  7. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  8. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  9. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!
  10. ペプチドの精密な「立体ジッパー」構造の人工合成に成功

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

GoodNotesに化学構造が書きやすいノートが新登場!その使用感はいかに?

みなさんは現在どのようなもので授業ノートを取っていますでしょうか。私が学生だったときには電子…

化学者のためのWordマクロ -Supporting Informationの作成作業効率化-

「化合物データの帰属チェックリスト、見やすいんですが、もっと使いやすくならないですか」ある日、ラ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP