[スポンサーリンク]

ケムステしごと

水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF

[スポンサーリンク]

当社で開発を進めている封止フィルムAFTINNOVA™ – EFシリーズについて紹介します。

高速ネットワーク通信5GやIoT (Internet of Things)の時代に入り、LCD (Liquid Crystal Display)に代わる次世代ディスプレイの開発が盛んに行われていますが、その中でOLED (Organic Light Electronic Diode)に注目が集まっています。OLEDが搭載されたテレビやスマートフォンは既に上市されていますが、フォルダブル・ローラブルといったユニークな形や機能を持つOLEDディスプレイが今後登場して行きます。

OLEDは既存のLCDと比較して、鮮やかな映像の実現と薄型軽量化という特長を有する一方、発光源である有機素子に起因して酸素・水分に対して極めて弱い為、素子自体を高いレベルで水蒸気から封止をする技術が必要です。現在は無機膜やバリアフィルムを用いた封止方法が適用されて、高いレベルの封止性能が得られますが、複雑なOLEDの生産工程や、大面積に適さないといった課題もあります。今度、これらの課題を克服することに加え、フレキシブル性を持ち、量産プロセスに対応した封止材料の開発が急務です。

AFTINNOVA™ -EFの機能と特徴

 

当社は、味の素ビルドアップフィルム® ABFや低温短時間硬化の一液熱硬化接着剤の開発で培ってきたフィルム化と配合の両コア技術を発展させ、高い水蒸気封止性を特長とする粘・接着性フィルムとしてAFTINNOVA™ – EFシリーズを開発しました。
本フィルムは高い水蒸気バリア性を持つ両面接着フィルムであり、バリアフィルムや金属箔などの封止基材とOLED基板を接着する機能と、水平方向の水蒸気浸透を完全に遮断する機能を兼ね備えています。

また、セロハンテープのように熱をかけず封止工程を進めることが出来る為、熱に弱いOLED素子を始め、有機太陽電池素子、ペロブスカイト型太陽電池素子などの封止に最適で、未来ディバイスの実現に大きく貢献します。

AFTINNOVA™ -EFの貼り合せイメージと封止性評価

 

AFTINNOVA™ – EFの貼り合せのイメージと、OLEDの封止性評価の結果です。

フィルム形状であり簡便なプロセスでデバイスを封止できること、大面積での貼り合せも容易であることから、お客様工程での生産性改善、コストダウンに大きく貢献します。

高温高湿を負荷する試験では、水蒸気バリア性のない接着剤を用いた場合は水分の侵入により100hrでOLED素子劣化による発光エリアの減少が始まり、200hrでは完全に発光が停止してしまいました。一方、AFTINNOVA™ – EFを用いると、水蒸気の侵入が防がれ、1000hrを経過してもOLED素子の劣化は見られません。これによりOLEDディスプレイの耐久性を大幅に改善することができます。
現在、お客様の要望に沿って、更なる水蒸気バリア性の向上、高透明化に向けての開発を進めています。

我々の材料開発の精神は、常識を覆す技術開発を通して、お客様の製品や製造工程に大きな価値が生まれるような材料を提供することです。材料の使い方や形態など、材料に纏わるどのようなことでも変えて行き、お客様への価値の提供を愚直に実現して行きます。
これまでのやり方を変えることをイノベーションと捉え、お客様を通じて世の中にそのイノベーションを提供して行くイノベーションプロバイダーとして、世の中のテクノロジーの進歩、社会発展に役立つ独自の技術を創造し提案し続けます。

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ここまで来たか、科学技術
  2. 化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学…
  3. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  4. 日本化学会と対談してきました
  5. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  6. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  7. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  8. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  2. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓
  3. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  4. ケムステタイムトラベル2011~忘れてはならない事~
  5. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授
  6. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  7. エッフェル塔
  8. アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー
  9. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  10. 捏造は研究室の中だけの問題か?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP