[スポンサーリンク]

ケムステしごと

水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF

[スポンサーリンク]

当社で開発を進めている封止フィルムAFTINNOVA™ – EFシリーズについて紹介します。

高速ネットワーク通信5GやIoT (Internet of Things)の時代に入り、LCD (Liquid Crystal Display)に代わる次世代ディスプレイの開発が盛んに行われていますが、その中でOLED (Organic Light Electronic Diode)に注目が集まっています。OLEDが搭載されたテレビやスマートフォンは既に上市されていますが、フォルダブル・ローラブルといったユニークな形や機能を持つOLEDディスプレイが今後登場して行きます。

OLEDは既存のLCDと比較して、鮮やかな映像の実現と薄型軽量化という特長を有する一方、発光源である有機素子に起因して酸素・水分に対して極めて弱い為、素子自体を高いレベルで水蒸気から封止をする技術が必要です。現在は無機膜やバリアフィルムを用いた封止方法が適用されて、高いレベルの封止性能が得られますが、複雑なOLEDの生産工程や、大面積に適さないといった課題もあります。今度、これらの課題を克服することに加え、フレキシブル性を持ち、量産プロセスに対応した封止材料の開発が急務です。

AFTINNOVA™ -EFの機能と特徴

 

当社は、味の素ビルドアップフィルム® ABFや低温短時間硬化の一液熱硬化接着剤の開発で培ってきたフィルム化と配合の両コア技術を発展させ、高い水蒸気封止性を特長とする粘・接着性フィルムとしてAFTINNOVA™ – EFシリーズを開発しました。
本フィルムは高い水蒸気バリア性を持つ両面接着フィルムであり、バリアフィルムや金属箔などの封止基材とOLED基板を接着する機能と、水平方向の水蒸気浸透を完全に遮断する機能を兼ね備えています。

また、セロハンテープのように熱をかけず封止工程を進めることが出来る為、熱に弱いOLED素子を始め、有機太陽電池素子、ペロブスカイト型太陽電池素子などの封止に最適で、未来ディバイスの実現に大きく貢献します。

AFTINNOVA™ -EFの貼り合せイメージと封止性評価

 

AFTINNOVA™ – EFの貼り合せのイメージと、OLEDの封止性評価の結果です。

フィルム形状であり簡便なプロセスでデバイスを封止できること、大面積での貼り合せも容易であることから、お客様工程での生産性改善、コストダウンに大きく貢献します。

高温高湿を負荷する試験では、水蒸気バリア性のない接着剤を用いた場合は水分の侵入により100hrでOLED素子劣化による発光エリアの減少が始まり、200hrでは完全に発光が停止してしまいました。一方、AFTINNOVA™ – EFを用いると、水蒸気の侵入が防がれ、1000hrを経過してもOLED素子の劣化は見られません。これによりOLEDディスプレイの耐久性を大幅に改善することができます。
現在、お客様の要望に沿って、更なる水蒸気バリア性の向上、高透明化に向けての開発を進めています。

我々の材料開発の精神は、常識を覆す技術開発を通して、お客様の製品や製造工程に大きな価値が生まれるような材料を提供することです。材料の使い方や形態など、材料に纏わるどのようなことでも変えて行き、お客様への価値の提供を愚直に実現して行きます。
これまでのやり方を変えることをイノベーションと捉え、お客様を通じて世の中にそのイノベーションを提供して行くイノベーションプロバイダーとして、世の中のテクノロジーの進歩、社会発展に役立つ独自の技術を創造し提案し続けます。

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  2. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  3. ケミカル・ライトの作り方
  4. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  5. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  6. 香りの化学2
  7. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  8. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. DOIって何?
  2. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  3. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  4. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  5. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  6. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスとヘルスケア領域への事業展開 (凍結乾燥/乾燥、ペプチド/核酸合成、晶析、その他有機合成など)
  7. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  8. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  9. シクロクラビン cycloclavine
  10. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP