[スポンサーリンク]


2015年 5月 27日

  1. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成

    近年、パックドカラムの興隆により、実験室での化合物精製環境が一変しています。カラムを立てて、シリカゲルを詰め、粗生成物をマウントしポンプで押しながら分離する、といったこれまでの常識であった光景は、将来的にほとんどみられな…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  2. 電池で空を飛ぶ
  3. ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮
  4. GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について
  5. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  6. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  7. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP