[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Reaction and Synthesis: In the O…
  2. 2016年1月の注目化学書籍
  3. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  4. Comprehensive Organic Transforma…
  5. レーン 超分子化学
  6. 有機反応機構の書き方
  7. 植物たちの静かな戦い
  8. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  2. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  3. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  4. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出
  5. フェノールのC–O結合をぶった切る
  6. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  7. 発想の逆転で糖鎖合成
  8. Al=Al二重結合化合物
  9. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  10. キセノン (xenon; Xe)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP