[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

[スポンサーリンク]

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  2. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  3. Innovative Drug Synthesis
  4. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  5. 化学に魅せられて
  6. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるた…
  7. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  8. 集積型金属錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect
  2. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定まで
  3. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  4. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  5. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  6. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ
  7. キレーション療法ってなに?
  8. ケムステスタッフ徹底紹介!
  9. コープ脱離 Cope Elimination
  10. 三共、第一製薬が統合へ 売上高9000億円規模

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP