[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. English for Presentations at Int…
  2. Essential Reagents for Organic S…
  3. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  4. 学振申請書の書き方とコツ
  5. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  6. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるた…
  7. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  8. はじめての研究生活マニュアル

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トップリス ツリー Topliss Tree
  2. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  3. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  4. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  5. 大村 智 Satoshi Omura
  6. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  7. UCLA研究員死亡事故・その後
  8. π-アリルパラジウム錯体
  9. スクリプス研究所
  10. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP