[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

[スポンサーリンク]

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  2. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  3. 構造生物学
  4. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  5. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  6. English for Writing Research Pap…
  7. Organic Synthesis Workbook
  8. 有機反応の仕組みと考え方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペイン転位 Payne Rearrangement
  2. 有機合成反応で乳がん手術を改革
  3. 「温故知新」で医薬品開発
  4. SciFinderマイスター決定!
  5. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  6. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる技術を開発
  7. 小松紘一 Koichi Komatsu
  8. ジボラン(diborane)
  9. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー
  10. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP