[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  2. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  3. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践…
  4. 海の生き物からの贈り物
  5. 化学探偵Mr.キュリー6
  6. 2016年4月の注目化学書籍
  7. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  8. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞明日発表
  2. 夢・化学-21 化学への招待
  3. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  4. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  5. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  6. ケミカル・アリに死刑判決
  7. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  8. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り
  9. ルーシェ還元 Luche Reduction
  10. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP