[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

[スポンサーリンク]

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  3. 元素生活 完全版
  4. 基礎から学ぶ機器分析化学
  5. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  6. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  7. Greene’s Protective Groups…
  8. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  2. 組曲『ノーベル化学賞』
  3. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  4. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction
  5. 産業紙閲覧のすゝめ
  6. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  7. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  8. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  9. ギ酸 (formic acid)
  10. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP