[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

クロスカップリング反応関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  2. 大学院講義 有機化学
  3. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  4. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  5. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  6. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  7. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  8. 高分子の合成(上)(下)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  3. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  4. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  5. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  6. 第45回BMSコンファレンス参加者募集
  7. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  8. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  9. トビン・マークス Tobin J. Marks
  10. 糖鎖合成化学は芸術か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP