[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

[スポンサーリンク]

2007年度のノーベル医学・生理学賞が決定しました!化学のブログですが、簡単にお伝えしたいと思います。詳しくはケムステニュースにて。

受賞概要: 胚(はい)性幹細胞を利用し、マウスの特定の遺伝子を改変する基本原理の発見

(哺乳類の遺伝子解明に革命をもたらし、人間の遺伝疾患の直接治療(体細胞遺伝子治療)の希望を抱かせる、「遺伝子標的法」として知られる相同組み換え技術への貢献に対して)

受賞者:Mario R. Capecchi, Sir Martin Evans, Oliver Smithies の3名

 

この3名は胚性幹細胞(ES細胞)と呼ばれる特定の標的遺伝子を選択的に機能停止させることによって史上初の「ノックアウトマウス」を作製しました。

ノックアウトマウスは遺伝子の働きを調べたり、新薬の効果を調べたりするのに利用されています。例えば、機能のわからない遺伝子が見つかった場合、遺伝子操作によって、その遺伝子を働かなく(ノックアウト)したマウスを作り、正常なマウスと比較すれば、その機能の異常が見つかることになります。

その異常の起こった原因がその遺伝子にあることが推測され、遺伝子の機能の解明に結びつくことになります。また、生まれつき高血圧になるようなノックアウトマウスを作り、新薬の高血圧への効果の有無の判定などにも利用するなど、様々な医学的な貢献があげられます。

 

Mario R. Capecchi

nobel

Distinguished Professor of Biology and Human Genetics and Co-Chairman
Eccles Institute of Human Genetics, University of Utah
Salt Lake City, UT
Howard Hughes Medical Investigator (米国)

カペッキ氏(70歳)はユタ大学教授。生物学において世界で広く用いられているES細胞を応用したジーンターゲティング法(標的組み換え法)を開発し、任意の遺伝子の機能を欠いたマウス、いわゆるノックアウトマウスを作成して、その遺伝子の働きを研究する道を確立しました。

Mario Capecchi Laboratory at the University of Utah

 

Sir Martin Evans, FRS

nobel

Director of the School of Biosciences and Professor of Mammalian Genetics
Cardiff University
Cardiff, Wales, UK (イギリス)

エバンス教授らは1981年に受精3.5日目のマウス胚盤胞の内部細胞塊の細胞を in vitro で培養に移し、細胞塊の解離と継代を繰り返すことにより、多分化能(pluripotency)を保持し、正常核を維持したまま無制限に増殖しつづける幹細胞を樹立することに成功しました。これはES細胞(Embryonic Stem cells)とよばれ、再生医療への応用に注目されています。

 

Genetics Research Group

 

Oliver Smithies

nobel

Excellence Professor, Department of Pathology and Laboratory Medicine, University of North Carolina School of Medicine
Chapel Hill, NC (米国)

1985 年にジーンターゲティング法という、現在の分子生物学を支える根幹的な技術を発明した、世界的に有名な科学者です(Smithies, O. et al. Nature 317 :230―234).

 

トムソンの2006年ノーベル生理・医学賞予想でも挙げられていましたように、ノーベル賞候補者として常に知られてきた3人は他のウルフ賞やガーナー賞、京都賞などの国際賞を受賞しており、今回のノーベル賞は待ちに待った受賞でした。

ちなみに他のノーベル医学・生理学賞を受賞予想としては

転写(Ptashne)、オンコジーン(Knudsen Vogelstein Weinberg) 、GFP (Shimomura Tsien) 、細胞接着(Hynes Ruoslahti Edelman Takeichi) 、情報伝達(Berridge Nishizuka)などでした。

おめでとうございます!

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 1と2の中間のハナシ
  2. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成
  3. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  4. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大…
  5. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に…
  6. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  7. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  8. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–
  2. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  3. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  4. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  5. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!
  6. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  7. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  8. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)
  9. 嗚呼、美しい高分子の世界
  10. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP