[スポンサーリンク]


2019年 2月 15日

  1. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

    反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか?その反応性代謝物の存在はDansyl-GSHを使うことで、簡単に調べることが可能です。分子イメージング創薬研究の世界では、今から世…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ラジカルonボロンでフロンのクロロをロックオン
  2. 黒田チカ Chika Kuroda
  3. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  4. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  5. 自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開
  6. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  7. 混ぜるだけで簡単に作製でき、傷が素早く自己修復する透明防曇皮膜

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP