[スポンサーリンク]


2022年 11月 07日

  1. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantification – Lowry Method

    原理ローリー法(Lowry Method)はBiuret法をさらに発展させた比色法であり、タンパク質濃度定量に用いられる。アルカリ性条件でCu2+をタンパク質に加えることで還元体のCu+が生成するが、これがFolin-Cioca…

  2. 植物毒の現地合成による新規がん治療法の開発

    第 439 回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院創薬科学研究科 天然物…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  2. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition
  3. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ
  4. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction
  5. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  6. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  7. アルツハイマー薬で副作用死

注目情報

最新記事

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

PAGE TOP