[スポンサーリンク]

archives

新しい選択的ヨウ素化試薬

 
N,N-ジメチル-N-(メチルスルファニルメチレン)アンモニウムヨージドはPorterらによって開発されたヨウ素化試薬で,一級および二級アルコール類から対応するヨウ素化物を得ることができます。さらに一級アルコール類との反応性は二級アルコール類より大幅に高いため,分子内に一級および二級水酸基を有するジオール類との反応では,一級水酸基を選択的にヨウ素化することが可能です。

“Selective Conversion of Alcohols into Alkyl Iodides Using a Thioiminium Salt”

A. R. Ellwood, M. J. Porter, J. Org. Chem. 2009, 74, 7982. DOI: 10.1021/jo901415n

jo-2009-01415n_0011-1

Treatment of a range of primary and secondary alcohols with MeSCH═NMe2+ I affords the corresponding alkyl iodides in excellent yield with straightforward purification. Selective formation of a primary iodide in the presence of a secondary alcohol can be achieved.

 

弊社では求電子的ヨウ素化剤を中心に,多数のヨウ素化試薬を取り揃えております。詳細は下記のリンクより参照ください。
» ヨウ素化試薬

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  3. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  5. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  6. A-Phosパラジウム錯体
  7. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  8. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ギンコライド ginkgolide
  2. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  3. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  4. ワインのコルク臭の原因は?
  5. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphthalein
  6. イライアス・コーリー E. J. Corey
  7. 化学物質でiPS細胞を作る
  8. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  9. 光触媒の活性化機構の解明研究
  10. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP