[スポンサーリンク]

K

ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cyclization

[スポンサーリンク]

 

概要

分子内の適当な位置にオレフィンとアルコールを持つ基質は、酸化レニウム(VII)(Re2O7)と反応して環化体を与える。酸化は環化に対しsyn形式で起きる。

 

基本文献

 

反応機構

kennedy_4.gif

反応例

環化のsyn方向から酸化される。[1] kenned26.gif
タンデム型環化による17,18-bisepi-Goniocinの合成[2] kenned27.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Tang, S.; Kennedy, R. M. Tetrahedron Lett. 199233, 5299. doi:10.1016/S0040-4039(00)79077-0

[2] Sinha, S. C.; Sinha, A.; Sinha, S. C.; Keinan, E. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 12014. DOI: 10.1021/ja964273z

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  2. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  3. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  4. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  5. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  6. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation C…
  7. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  8. リンドラー還元 Lindlar Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ここまで来たか、科学技術
  2. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  3. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について
  4. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  5. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  6. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  7. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification
  8. “click”の先に
  9. 非リボソームペプチド Non-Ribosomal Peptide
  10. トランス効果 Trans Effect

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP