[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー仕事術

  1. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

    内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学産業においてもここ四半世紀の間に世界の化学工業の構造は大きく変化しました。本書は、経営戦略の立案から工業化・事業化に至るまで一貫した企業…

  2. なぜあなたは論文が書けないのか

    概要―ネタがあっても論文にならない,書こうと思っても進まない,書く時間がない,アクセプトされ…

  3. なぜあなたの研究は進まないのか?

    概要―なぜ自分の研究は進まないのか,どうすれば先の見えないトンネルを抜け出しゴールにたどり着…

  4. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー

    内容学界と企業研究所を渡り歩き、東大教授に登り詰めた著者が語る、研究者人生成功の極意!…

  5. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか

    内容論文の書き方に関する指南書はこれまでも数多く出版されているが、本書が…

  6. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~

  7. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~

  8. 理系のための口頭発表術

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  2. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction
  3. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  4. 5配位ケイ素間の結合
  5. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  6. 近況報告Part III
  7. 172番元素までの周期表が提案される

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

PAGE TOP