[スポンサーリンク]

archives

TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

 


近年,安定なニトロキシラジカルであるTEMPOを触媒とした環境調和型の酸化反応が注目されています。ニトロキシラジカルである2-アザアダマンタン-N-オキシル(AZADO)を用いることで,より高効率なアルコール酸化反応が可能であることが岩渕らによって報告されています1,2)。AZADOはTEMPOより高い酸化能を示し,かさ高い第二級アルコールでも高収率で酸化反応が進行します。 岩渕らにより改良された2-ヒドロキシ-2-アザアダマンタン(AZADOL®)はAZADOよりも保存安定性の高い触媒です。酸化剤存在下,AZADOを経由する触媒反応機構であることから,AZADOと同じ活性を示します。また,AZADOL®を原料にしたオキソニウム塩による他の酸化反応についても研究されています3)。

1)M. Shibuya, Y. Sasano, M. Tomizawa, T. Hamada, M. Kozawa, N. Nagahama, Y. Iwabuchi, Synthesis 2011, 3418.
2)Y. Iwabuchi, M. Shibuya, M. Tomizawa, Y. Osada, PCT Int. Appl. WO 2009145323, 2009.
3)M. Hayashi, M. Shibuya, Y. Iwabuchi, Org. Lett. 2012, 14, 154.

TCIでは数多くのタイプの酸化剤を取り揃えております。製品情報はこちらのリンクを参照ください。
>> 酸化剤

関連記事

  1. トップデザイン変更
  2. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  3. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  4. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.…
  5. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  6. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  7. キラルオキサゾリジノン
  8. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  2. 森田浩介 Kosuke Morita
  3. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  4. ホストとゲスト?
  5. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  6. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  7. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  8. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  9. 北原武 Takeshi Kitahara
  10. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

PAGE TOP