[スポンサーリンク]

archives

TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

 


近年,安定なニトロキシラジカルであるTEMPOを触媒とした環境調和型の酸化反応が注目されています。ニトロキシラジカルである2-アザアダマンタン-N-オキシル(AZADO)を用いることで,より高効率なアルコール酸化反応が可能であることが岩渕らによって報告されています1,2)。AZADOはTEMPOより高い酸化能を示し,かさ高い第二級アルコールでも高収率で酸化反応が進行します。 岩渕らにより改良された2-ヒドロキシ-2-アザアダマンタン(AZADOL®)はAZADOよりも保存安定性の高い触媒です。酸化剤存在下,AZADOを経由する触媒反応機構であることから,AZADOと同じ活性を示します。また,AZADOL®を原料にしたオキソニウム塩による他の酸化反応についても研究されています3)。

1)M. Shibuya, Y. Sasano, M. Tomizawa, T. Hamada, M. Kozawa, N. Nagahama, Y. Iwabuchi, Synthesis 2011, 3418.
2)Y. Iwabuchi, M. Shibuya, M. Tomizawa, Y. Osada, PCT Int. Appl. WO 2009145323, 2009.
3)M. Hayashi, M. Shibuya, Y. Iwabuchi, Org. Lett. 2012, 14, 154.

TCIでは数多くのタイプの酸化剤を取り揃えております。製品情報はこちらのリンクを参照ください。
>> 酸化剤

関連記事

  1. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  2. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  3. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  4. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  5. ニュースタッフ
  6. ウェブサイトのリニューアル
  7. C60MC12
  8. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  2. イリジウム錯体:Iridium-complex
  3. 混合原子価による芳香族性
  4. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒
  5. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  6. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  7. 人生、宇宙、命名の答え
  8. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  9. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  10. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP