[スポンサーリンク]

archives

TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

[スポンサーリンク]

 


近年,安定なニトロキシラジカルであるTEMPOを触媒とした環境調和型の酸化反応が注目されています。ニトロキシラジカルである2-アザアダマンタン-N-オキシル(AZADO)を用いることで,より高効率なアルコール酸化反応が可能であることが岩渕らによって報告されています1,2)。AZADOはTEMPOより高い酸化能を示し,かさ高い第二級アルコールでも高収率で酸化反応が進行します。 岩渕らにより改良された2-ヒドロキシ-2-アザアダマンタン(AZADOL®)はAZADOよりも保存安定性の高い触媒です。酸化剤存在下,AZADOを経由する触媒反応機構であることから,AZADOと同じ活性を示します。また,AZADOL®を原料にしたオキソニウム塩による他の酸化反応についても研究されています3)。

1)M. Shibuya, Y. Sasano, M. Tomizawa, T. Hamada, M. Kozawa, N. Nagahama, Y. Iwabuchi, Synthesis 2011, 3418.
2)Y. Iwabuchi, M. Shibuya, M. Tomizawa, Y. Osada, PCT Int. Appl. WO 2009145323, 2009.
3)M. Hayashi, M. Shibuya, Y. Iwabuchi, Org. Lett. 2012, 14, 154.

TCIでは数多くのタイプの酸化剤を取り揃えております。製品情報はこちらのリンクを参照ください。
>> 酸化剤

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  2. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOK…
  3. スルホニルフルオリド
  4. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) T…
  5. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  6. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  7. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  8. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー
  2. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  3. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group
  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  5. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  6. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  7. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる
  8. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  9. 光で2-AGの量を制御する
  10. 燃える化学の動画を集めてみました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

橘 熊野 Yuya Tachibana

橘 熊野(たちばな ゆや、1975年–)は、日本の化学者である。専門は環境材料、高分子化学、有機化学…

「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

トンネル効果が支配する有機化学反応

ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

沼田 圭司 Keiji Numata

沼田 圭司 (ぬまた けいじ、1980年-)は、日本の化学者である。専門は高分子の生合成と分解。20…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP