[スポンサーリンク]

仕事術

Zoomオンライン革命!

[スポンサーリンク]

概要

“実際に会う”という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?
オンライン会議システム、“Zoom”を使えば、実際に対面で会わなくても、オンライン上でさまざまな人と出会い、その出会いから人脈を広げていくことができます。
本書で紹介するZoomを使ったさまざまな活用事例を通して、あなただけのZoomの活用方法、“リモートワーク”のヒント、“働き方”のヒントを発見できるかもしれません。(内容紹介 より)

対象

  • リモートワークに興味のある方
  • 打ち合わせの移動時間を節約したい方
  • 新しいデジタル会議ツールを試して見たい方
  • 多数向けオンラインセミナー・シンポジウムの開催を考える方
  • 新しい教育スタイルに興味のある方

解説

Zoomというソフトウェアをご存じでしょうか?近年普及を見せている、無料で使えるWeb会議システムです。

画像は公式サイトより引用

端的にはSkypeと似たよう位置づけに見えるのですが、「多人数向け会議」に特化した作りになっている点が特長です。実際に使ってみた感じ、Skypeに比べて優れる点が多いと感じます。

  • 軽い
  • 接続が安定している
  • 音質・画質が良い
  • 画面共有が簡単
  • 多人数接続(100名)可能
  • アカウント作成が不要
  • ミーティングを録画できる
  • URLクリックでお手軽接続
  • Googleカレンダーと連携
  • ミーティング毎にIDを発行でき、混線しない

安定、軽い、落ちない、というベース機能が強力なのが何より有難いです。無料版だと40分しか話せないという制限はあるものの、都度、繋ぎなおせば問題はありません。おかげで遠隔地との打ち合わせは、Skypeを使わず、もっぱらZoomばかりを使うようになりました。

そんなZoomですが、100人クラスの多人数接続も想定されているので、バーチャルな双方向コミュニケーションスペースとしての用途すら期待できます。

本書の内容は、予備校講師でもあった著者の視点から、教育革命・コミュニティづくりへとZoomを応用した事例をまとめたものです。たとえばZoom経由で授業を持つと、双方向感・対面間・一体感・空気感が出てくるのが特長であり、詰め込み・一方通行ゆえに脱落率の高さが問題となっているMOOCsを塗り替えうる可能性を感じている、という主張になっています。ほかにもカウンセリング・オンラインフェスティバル・コンサルティング・婚活など、リモートな双方向コミュニケーションのハードルを下げることで、課題解決につながった事例が分野を問わず紹介されています。これからはネット検索だけでは得られない、「コミュニティ」にこそ価値が生まれてくるのでしょう。Zoomがその強力なツールになる可能性を本書からは感じとれました。

「『実際に会う』という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていた」

個人の時間がもっとも貴重なリソースとなる現代にあって、本書のこの一文は大きな意味を持つのではないでしょうか。研究者が本業である筆者からしてみると、お金を払って会場を借りるまでもなく、交通費を払って出かけなくてはならないような遠隔地のシンポジウム・勉強会などを、Zoomでかなり置換えてしまえるのではと感じています。化学系はどことなく保守的なのか、新しいツールをつかう取り組みはまだまだ少ないようです。大規模人数でも使えるのは良い点なので、機会を見つけて積極的に取り入れてみようと思えました。

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  2. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  3. 2016年2月の注目化学書籍
  4. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  5. 免疫(第6版): からだを護る不思議なしくみ
  6. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  7. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  8. [書評]分子の薄膜化技術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  2. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  3. C60MC12
  4. 化学探偵Mr.キュリー6
  5. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  6. 「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 1
  7. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  8. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  9. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  10. ボリレン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP