[スポンサーリンク]

仕事術

Zoomオンライン革命!

[スポンサーリンク]

概要

“実際に会う”という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?
オンライン会議システム、“Zoom”を使えば、実際に対面で会わなくても、オンライン上でさまざまな人と出会い、その出会いから人脈を広げていくことができます。
本書で紹介するZoomを使ったさまざまな活用事例を通して、あなただけのZoomの活用方法、“リモートワーク”のヒント、“働き方”のヒントを発見できるかもしれません。(内容紹介 より)

対象

  • リモートワークに興味のある方
  • 打ち合わせの移動時間を節約したい方
  • 新しいデジタル会議ツールを試して見たい方
  • 多数向けオンラインセミナー・シンポジウムの開催を考える方
  • 新しい教育スタイルに興味のある方

解説

Zoomというソフトウェアをご存じでしょうか?近年普及を見せている、無料で使えるWeb会議システムです。

画像は公式サイトより引用

端的にはSkypeと似たよう位置づけに見えるのですが、「多人数向け会議」に特化した作りになっている点が特長です。実際に使ってみた感じ、Skypeに比べて優れる点が多いと感じます。

  • 軽い
  • 接続が安定している
  • 音質・画質が良い
  • 画面共有が簡単
  • 多人数接続(100名)可能
  • アカウント作成が不要
  • ミーティングを録画できる
  • URLクリックでお手軽接続
  • Googleカレンダーと連携
  • ミーティング毎にIDを発行でき、混線しない

安定、軽い、落ちない、というベース機能が強力なのが何より有難いです。無料版だと40分しか話せないという制限はあるものの、都度、繋ぎなおせば問題はありません。おかげで遠隔地との打ち合わせは、Skypeを使わず、もっぱらZoomばかりを使うようになりました。

そんなZoomですが、100人クラスの多人数接続も想定されているので、バーチャルな双方向コミュニケーションスペースとしての用途すら期待できます。

本書の内容は、予備校講師でもあった著者の視点から、教育革命・コミュニティづくりへとZoomを応用した事例をまとめたものです。たとえばZoom経由で授業を持つと、双方向感・対面間・一体感・空気感が出てくるのが特長であり、詰め込み・一方通行ゆえに脱落率の高さが問題となっているMOOCsを塗り替えうる可能性を感じている、という主張になっています。ほかにもカウンセリング・オンラインフェスティバル・コンサルティング・婚活など、リモートな双方向コミュニケーションのハードルを下げることで、課題解決につながった事例が分野を問わず紹介されています。これからはネット検索だけでは得られない、「コミュニティ」にこそ価値が生まれてくるのでしょう。Zoomがその強力なツールになる可能性を本書からは感じとれました。

「『実際に会う』という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていた」

個人の時間がもっとも貴重なリソースとなる現代にあって、本書のこの一文は大きな意味を持つのではないでしょうか。研究者が本業である筆者からしてみると、お金を払って会場を借りるまでもなく、交通費を払って出かけなくてはならないような遠隔地のシンポジウム・勉強会などを、Zoomでかなり置換えてしまえるのではと感じています。化学系はどことなく保守的なのか、新しいツールをつかう取り組みはまだまだ少ないようです。大規模人数でも使えるのは良い点なので、機会を見つけて積極的に取り入れてみようと思えました。

関連書籍

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  2. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  3. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ
  4. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  5. Modern Method of Organic Synthes…
  6. English for Presentations at Int…
  7. 医薬品のプロセス化学
  8. 理系のための口頭発表術

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann
  2. フィンランド理科教科書 化学編
  3. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  4. ムスカリン muscarine
  5. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】
  6. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ
  7. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功
  8. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  9. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  10. 劉 龍 Ryong Ryoo

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP