[スポンサーリンク]

O

オルトメタル化 Directed Ortho Metalation

[スポンサーリンク]

 概要

芳香族化合物のオルト位を選択的に官能基化できる。官能基化ベンゼン誘導体の位置選択的合成法としては、もっともポピュラー。

低温かつ強塩基を必要とするものの、ほぼ完璧な位置選択性での変換が可能なため、実験室・工業規模を問わず重宝される。

基本文献

 

反応機構

電子豊富官能基とリチウムとの相互作用により、近傍のオルト位が選択的にリチオ化される。
dom_2.gif

反応例

立体的に混み合った位置でも官能基化できる。以下はその例[1] dom_3.gif
アルデヒドは通常有機リチウム剤と反応してしまうため配向基として用いることは出来ない。系中でアミドアニオン付加により保護し、エチレンジアミンのキレート能を利用すればオルトリチオ化が行える。[2]dom_4.gif
同様の考え方を用いて、連続官能基化も達成されている。以下に示すのはCamptothecin合成への応用例[3]である。
dom_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Pansegrau, P. D.; Rieker, W. F.; Meyers, A. I. J. Am. Chem. Soc. 1988, 110, 7178. DOI: 10.1021/ja00229a037

[2] Comins, D. L.; Brown, J. D. J. Org. Chem. 198449, 1078. DOI: 10.1021/jo00180a024

[3] Comins, D. L.; Baevsky, M. F.; Hong, H. J. Am. Chem. Soc. 1992, 114, 10971. DOI: 10.1021/ja00053a049

 

関連書籍

 

関連反応

 

外部リンク

関連記事

  1. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  2. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  3. アッペル反応 Appel Reaction
  4. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  5. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  7. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  8. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  2. アイルランドに行ってきた①
  3. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功
  4. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  5. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  6. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応
  7. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  8. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果
  9. ストリゴラクトン : strigolactone
  10. Reaxys PhD Prize再開!& クラブシンポジウム2019参加者募集

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP