[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー固体/表面化学

  1. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis

    内容この参考書では分離, 吸着, および触媒に焦点を当て, このワクワクするようなアツい話題の重要性を示す. 本書では, MOF の合成と修飾, 産業的規模での合成, CO2 や化学兵器に対する吸着剤としての利用, そして触媒作用に…

  2. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

    内容CSJカレントレビューの第21巻です。CSJカレントレビューの概要は化学のつぶや…

  3. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

    (さらに…)…

  4. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications

    本書は光触媒自体の特性(触媒活性、バンド構造等)ではなく光触媒を介した反応自体にフォーカスし…

  5. 集積型金属錯体

    内容本書は、機能性化学物質あるいは化学機能の設計という視点から…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピンナ酸の不斉全合成
  2. 超分子ポリマーを精密につくる
  3. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  4. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  5. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  6. 北川 進 Susumu Kitagawa
  7. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

注目情報

最新記事

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

PAGE TOP