[スポンサーリンク]


chemglossary生物工学

  1. CRISPR(クリスパー)

    CRISPRは、clustered regularly interspaced short palindromic repeatの略で、クリスパーと呼ばれる。原核生物が持つ免疫システムの一種。ウイルス(ファージ)などの外来DNAが細胞に侵入…

  2. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

    抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

  3. 指向性進化法 Directed Evolution

    指向性進化法(directed evolution)とは、自然界の淘汰モデルを模す形で、タンパク質・…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-
  2. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  3. ワイス反応 Weiss Reaction
  4. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  5. ボルテゾミブ (bortezomib)
  6. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  7. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

PAGE TOP