[スポンサーリンク]

archives

ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Benzo[1,2-b:4,5-b’]dithiophene

[スポンサーリンク]

有機トランジスタ材料合成用ビルディングブロック

ベンゾ[1,2-b:4,5-b‘]ジチオフェンは大きな平面共役構造を有し,そのππ相互作用による効果的なパッキングが期待されるため,トランジスタなどの電子材料ビルディングブロックとして注目されています。例えばThiemらは,この化合物を出発物質として用いた共重合ポリマーの合成について報告しており,その電界効果トランジスタ特性は,ホール移動度が1.4 x 10-2 cm2V-1s-1,オンオフ電流比は107以上を示します。またヒステリシス特性をほとんど示さず,ターンオン電圧もほぼ0となっています。

“Benzo[1,2-b:4,5-b′]dithiophene-based copolymers applied in bottom-contact field-effect transistors”

M. A. M. Leenen, F. Cucinotta, W. Pisula, J. Steiger, R. Anselmann, H. Thiem, L. D. Cola, Polymer 2010, 51, 3099. DOI: 10.1016/j.polymer.2010.05.022

Microsoft Word - Graphical Abstract .doc

Three copolymers of benzo[1,2-b:4,5-b′]dithiophene and 3,3′-bis(alkyl)-5,5′-bithiophene (dodecyl, tetradecyl and hexadecyl side chains) have been synthesized through Stille copolymerization. The polymers have number-average molecular weights over 20 kg/mol, are well-packed in the bulk and thin film, and possess an ionization potential of −5.1 eV in thin film, which offers stability versus oxidation in environmental conditions. The thin film packing of the polymer with dodecyl side chains leads to an excimeric emission upon excitation, which is not observed for longer side chain lengths. The presence of the dimers responsible for this excimer formation results in a device performance improvement as well. Field-effect transistors fabricated from these copolymers have On/Off ratios >107, equal saturation and linear hole mobilities above 10−2 cm2/Vs, almost no hysteresis and turn-on voltages around 0 V in bottom-contact devices.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  2. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  3. iphone用サイトを作成
  4. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  5. GlycoProfile アジド糖
  6. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  7. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  8. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Nature Chemistry誌のインパクトファクターが公開!
  2. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  3. 2016年1月の注目化学書籍
  4. 天然の保護基!
  5. 「引っ張って」光学分割
  6. Guide to Fluorine NMR for Organic Chemists
  7. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  8. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  9. 工業製品コストはどのように決まる?
  10. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP