[スポンサーリンク]

chemglossary

Undruggable Target と PROTAC

[スポンサーリンク]

 

2022.05.10 追記: 本記事の内容に関し、製薬企業においてPROTAC関連研究に携わっていた 宗像 亮介 様より頂戴したコメントを追記しました。ありがとうございます!

創薬困難な標的とは

創薬の根幹は、ターゲット (標的) となる生体分子を決定するところから始まります。基本的な創薬標的としては酵素受容体イオンチャネルトランスポーターが挙げられ、いずれもタンパク質から成っています。それらはいずれも特異的に結合可能なリガンドを有しており (リガンドが不明なオーファン受容体などもありますが)、いわゆる基質特異性によって機能的な働きを示します。そのようなタンパク質に対しては、リガンドの構造を模倣することによって活性化剤 (アゴニスト)阻害剤 (アンタゴニスト) を設計することが可能となります。

しかしながら、明確なリガンド結合部位を持たず、創薬標的にすることが困難なタンパク質が多数存在します。そういったタンパク質群は「Undruggable Target = 創薬困難な標的」と呼ばれています。Undruggable* なタンパク質の代表例として、転写因子スプライシング因子などが挙げられます。このようなタンパク質は低分子リガンドが高選択的に結合するようなポケットを持たない (図1) ため、従来の技術をもって創薬標的とすることは難しいと考えられていました。その数は全タンパク質の7~8割にのぼるとされています

*Undruggble と似た言葉に “druglike” がありますが、”druglike” は化合物 (リガンド) ベースで見た薬としての適性を指し、標的タンパク質側を指す “druggable/undruggable” とは異なる概念となります。

図1. 従来の創薬標的と undruggable target

Undruggable な標的の代表に RAS があります。RAS はがん細胞において高頻度に変異の見つかる遺伝子の代表格です。GTP結合タンパク質であることから、GTP 結合阻害剤を用いた RAS 阻害薬の研究が進められてきたものの、有効な化合物は見出されず、長い間 undruggable target とされてきました。しかし 2021年、米国の製薬大手アムジェンは RAS アイソタイプの一つである KRAS のG12C 変異陽性非小細胞性肺癌における治療薬としての阻害剤ソトラシブ (ルマケラス®, 図2) の製造販売承認を米国 FDA から受けました。KRAS は細胞増殖に関わるタンパク質の一種であり、変異 KRAS ではその増殖シグナルの調節がうまく機能しておらず、無尽蔵に癌細胞が増殖し続ける状態に陥るため、その阻害は癌細胞の増殖抑制手段として有効であるとされています。

図2. KRAS阻害剤ソトラシブ

Undruggable target に対する創薬: プロテインノックダウン

ソトラシブのような薬剤の開発成功例は非常に稀であり、なおも数多くの undruggable target が残されています。そんな undruggable target を無理矢理にでも創薬標的にしてしまえる技術がプロテインノックダウンです。ライフサイエンスにおけるノックダウンとは、遺伝子の転写・翻訳・発現量を減少させる操作のことを指し、遺伝子を破壊するノックアウトと対で用いられる用語です。ノックアウトと異なり短時間かつ簡便な操作で目的の遺伝子の働きを減少させられることが利点とされます。これを低分子化合物の働きによって実現させようとする試みがいわゆるプロテインノックダウンとされています。プロテインノックダウン技術にはさまざまな方法論が提唱されていますが、次項ではそのフロントランナーである PROTAC について簡単に解説します。

追記1:  

PROTAC は、“undruggable” 標的を狙う技術と言われますが、“undruggable” が何を意味するのか明確でない場合もあり、注意が必要だと思っています」

Proteolysis Targeting chimera (PROTAC)

PROTAC (プロタック: proteolysis targeting chimera) は、標的とすべきタンパク質への結合性を有する分子と、タンパク質分解酵素であるユビキチン E3 リガーゼへの結合性を有する低分子を適切な長さのリンカーで連結した、標的タンパク質の分解を誘導する低〜中分子化合物の一種です。PROTAC を代表とするタンパク質分解誘導薬は、近年、注目の創薬モダリティ一つとして取り上げられることが多くなってきました。なおPROTAC® は Arvinas Operations, Inc., の登録商標ですが、一般的なモダリティとして汎用されているため、ここでも一般名詞として扱わせていただきます。

PROTAC 化合物には、ユビキチン E3 リガーゼとして VHL (von Hippel-Lindau tumor suppressor) や CRBN (セレブロン) を認識する低分子構造が組み込まれています。CRBN 認識低分子として有名な化合物はサリドマイドです。CRBN はサリドマイドの悪名高き副作用である催奇形性の標的タンパク質でもありますが、近年は PRTOAC のためのリクルート部位としての認識が強くなってきました。サリドマイドの類縁体として、レナリドミドやポマリドミドといったフタルイミド化合物も PROTAC に用いられます。

例えば、末端に CRBN 結合低分子であるサリドマイドを有し、適切なリンカーを介して、標的としたい undruggable target に僅かにでも結合する低分子構造を導入した分子を合成します。この場合、特異的リガンドのような数 nM の結合定数を持つ直接的阻害剤でなくても問題ありません。

追記2

  • 『仮想的に「僅かに親和性がある分子」でよいとした場合、同程度の親和性で結合する off-target タンパク達を分解するリスクも高くなってしまいます』

図3 undraggable targetに対する PROTAC 分子の設計

リクルートされたユビキチン E3 リガーゼと標的タンパク質が PROTAC 分子を介して接近することで、標的タンパク質はポリユビキチン化されます。すると、ポリユビキチン化されたタンパク質をプロテアソームが認識し、タンパク質を分解へと導きます。この一連の過程は 2004 年のノーベル化学賞の受賞テーマともなっている確立した生命現象ですが、それを特定のタンパク質を狙って誘導するところが PROTAC 技術の特筆すべき点です。

図4  PROTAC 分子によるターゲットの分解誘導

当然ながら、PROTAC 分子の創出には、僅かでも標的タンパク質との親和性を持つ分子と、それとユビキチン E3 リガーゼ結合分子を結ぶリンカーの緻密な設計が必要とされます。ここで重要となるのが有機合成化学の技術です。理論上は各タンパク質に親和性を持つ分子をリンカーで連結させるだけで PROTAC 分子が出来上がるようにも思えますが、現実はそう簡単ではありません。

両リガンドやクロスリンカーのわずかな構造的な違いは、POI および E3 リガーゼへの結合や複合体形成に影響を及ぼします。そのため、標的分解化合物の設計は容易ではありません。このような背景から、構造が少しずつ異なる多数の類似体ライブラリが合成され、標的分解に最適な PROTAC または分解誘導化合物を見つけ出すために細胞でスクリーニングされています。

Merck webサイト「標的タンパク質分解のためのPartial PROTAC」より引用

さらに、PROTAC 分子の膜透過性や細胞内動態なども未だ改善すべき問題とされており、それらの解決に向けても鋭意研究が進められています。

追記3

記事では「ポケットがない標的を狙う技術」と示唆されていますが、違和感を感じるメドケムも少なくないかもしれません。 実際、 臨床段階にあるPROTAC(参考; see p. 2)の標的はbinderが公知で、以下のように薬効や安全性の向上が主な期待です。

より強力な薬効:特定サイトへの結合に基づく機能修飾を超える薬効を期待。

  • KT-474 (vs. IRAK4阻害剤; Kymera;  参考)- 分解によりキナーゼ活性だけでなく、scaffoldタンパクとしての機能も阻害
  • KT-333 (vs. STAT3阻害剤; Kymera; 参考) – Druggabilityが高いSH2ドメインへのbinderを用いて分解を誘導
  • ARV-110 (vs. AR antagonist; Arvinas; 参考) – 分解により遺伝子増幅や過剰発現等による耐性の克服を期待
  • NX-2127 (vs. BTK阻害剤; Nurix; 参考) – BTKに加えてAiolos/Ikarosも分解し、耐性克服を含めたより強い/幅広い薬効を期待

安全域向上:E3 ligaseの組織選択的発現を利用して作用機序由来の毒性を回避

  • DT-2166 (vs. Bcl-2/Bcl-xL阻害剤; Dialectic;  参考) – 血小板での発現が少ないE3 ligase (VHL)を使うdegraderで組織選択的に活性を発現

PROTAC以外のタンパク質分解誘導剤

他に標的遺伝子のノックダウンする方法としては、RNA干渉 (RNA interference: RNAi) を用いたものがありますが、RNAi では効果の発現におおよそ数日かかるのに対し、プロテインノックダウン技術では数分〜数時間程度で目的タンパク質のノックダウンが完了するという利点もあります。そういう点を鑑みると、PROTAC に代表されるタンパク質分解誘導薬の研究はこれからも精力的に進められていくと予想されます。

PROTAC 以外にも、SNIPER (specific and nongenetic IAP-dependent protein eraser) やAUTAC (autophagy-targeting chimera)、molecular glue (分子糊) といったいずれもキャッチーな名称を持ったタンパク質分解誘導技術が多数開発されています。PROTAC で汎用される CRBN 以外の ユビキチン E3 リガーゼや、オートファジーなどその他の分解メカニズムをベースとしているため、PROTAC では設計が難しい場合や抗がん活性などの付加機能を持たせたいときに役立ちます。各種プロテインノックダウン法について深く学びたい方には、こちらの書籍がおすすめです。

おわりに

タンパク質分解誘導薬は、分子サイズとしては中分子にあたり、また各結合部位およびリンカーの設計には低分子医薬品の知識が必要となってきます。こういった点で、従来のメディシナルケミストがそのノウハウを活かして創成にチャレンジできる非常に面白い創薬モダリティであると感じます。一方で、数多くあるユビキチン E3 リガーゼのうち、プロテインノックダウンに実用化されているのはほんの数種類なので、いかに設計が難しいのかも見て取れる気がします。まだまだ in vitro でプロテインノックダウンを行ったときの副作用・有害事象も定かではありません。「すべてのタンパク質」を創薬標的とするために、さらなる研究の発展を願ってやみません。

関連項目

創薬におけるモダリティの意味と具体例

有機合成化学協会誌2020年5月号:特集号 ニューモダリティ;有機合成化学の新しい可能性

関連書籍

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子
  2. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Car…
  3. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PD…
  4. GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)
  5. クリックケミストリー / Click chemistry
  6. HKUST-1: ベンゼンが囲むケージ状構造体
  7. A値(A value)
  8. ケミカルジェネティクス chemical genetics

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルベンで挟む!
  2. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  3. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  4. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化
  5. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  6. 広大すぎる宇宙の謎を解き明かす 14歳からの宇宙物理学
  7. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  8. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  9. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  10. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP