[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素に関する人物

  1. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンランド生)-)は、フィンランドの理論化学者である。ヘルシンキ大学教授。経歴1967 Turku大学 博士号取得1968 Aarhu…

  2. 森田浩介 Kosuke Morita

    森田浩介(Kosuke Morita 1957年1月23日-)は、日本の物理学者である。理化学研究所…

  3. テオ・グレイ Theodore Gray

    セオドア・W・グレイ(Theodore W. Gray、19xx年xx月xx日-)はアメリカのサ…

  4. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

    概要フリードリヒ・ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  2. サリドマイドを監視
  3. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  4. 化学者ネットワーク
  5. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  6. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  7. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

PAGE TOP