[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素に関する人物

  1. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

    ペッカ・ピューッコ(Pekka Pyykkö、1941年10月12日(Hinnerjoki,フィンランド生)-)は、フィンランドの理論化学者である。ヘルシンキ大学教授。経歴1967 Turku大学 博士号取得1968 Aarhu…

  2. 森田浩介 Kosuke Morita

    森田浩介(Kosuke Morita 1957年1月23日-)は、日本の物理学者である。理化学研究所…

  3. テオ・グレイ Theodore Gray

    セオドア・W・グレイ(Theodore W. Gray、19xx年xx月xx日-)はアメリカのサ…

  4. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

    概要フリードリヒ・ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  2. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  3. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  4. 野依 良治 Ryoji Noyori
  5. CSJカレントレビューシリーズ書評
  6. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  7. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

PAGE TOP