[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

[スポンサーリンク]

概要

フリードリヒ・ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 – 1882年9 月23日)は、ドイツの化学者である(画像:www.lib.utexas.edu)。

経歴

 

受賞歴

 

研究概要

尿素の合成

urea.gif1828年、ヴェーラーは無機物から有機物である尿素(urea)を人工的に作り出すことに成功。有機合成化学の黎明として位置づけられるこの開拓的業績は、あまりにも有名である。この業績によって彼は「有機化学の父」と呼ばれている。

ケイ素とベリリウムの発見・アルミニウムの単離

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高橋 雅英 Takahashi Masahide
  2. 野依 良治 Ryoji Noyori
  3. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  4. 野依賞―受賞者一覧
  5. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  6. 林 民生 Tamio Hayashi
  7. 春田 正毅 Masatake Haruta
  8. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 医薬品の黄金世代到来?
  2. 基礎有機化学討論会開催中
  3. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  5. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  6. 2012年10大化学ニュース【前編】
  7. 水素製造に太陽光エネルギーを活用 -エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発-
  8. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction
  9. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  10. 野崎 一 Hitoshi Nozaki

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

Tshozoです。先日TVを眺めていて「かわいいワンちゃんの体をダニとノミから守るためにお薬を飲ませ…

MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

有機合成化学協会誌2022年5月号:特集号 金属錯体が拓く有機合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年5月号がオンライン公開されました。連…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

開催日:2022/05/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

300分の1を狙い撃つ~カチオン性ロジウム触媒による高選択的[2+2+2]付加環化反応の開発

第 381回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 …

ポンコツ博士の海外奮闘録⑥ 〜博士,アメ飯を食す。おうち系お肉編〜

引き続きアメリカでの日常グルメ編をお送りいたします。(実験で面白いネタがないとか言えない)ポンコ…

グリーンイノベーション基金事業でCO2などの燃料化と利用を推進―合成燃料や持続可能な航空燃料などの技術開発に着手―

NEDOはグリーンイノベーション基金事業の一環で、「CO2等を用いた燃料製造技術開発プロジェクト」(…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP