[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

概要

フリードリヒ・ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 – 1882年9 月23日)は、ドイツの化学者である(画像:www.lib.utexas.edu)。

経歴

 

受賞歴

 

研究概要

尿素の合成

urea.gif1828年、ヴェーラーは無機物から有機物である尿素(urea)を人工的に作り出すことに成功。有機合成化学の黎明として位置づけられるこの開拓的業績は、あまりにも有名である。この業績によって彼は「有機化学の父」と呼ばれている。

ケイ素とベリリウムの発見・アルミニウムの単離

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  2. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  3. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  4. 小松紘一 Koichi Komatsu
  5. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  6. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  7. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  8. チン・リン Qing Lin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  2. オーラノフィン (auranofin)
  3. 金大発『新薬』世界デビュー
  4. ライセルト反応 Reissert Reaction
  5. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis
  6. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  7. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  8. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  9. フィル・バラン Phil S. Baran
  10. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP