[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

[スポンサーリンク]

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電子・プロトン移動光物理学と分子認識のための超分子光化学を研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

化学に興味を持ったのは高校生の時でした。後に定性分析と呼ばれる科目で、既知の化学物質を加えたときの溶液の色の変化や沈殿物から溶液中の金属種を特定するのが得意だったことを覚えています。化学者になりたいと思った最も重要な出来事は、大学進学のための国家試験で化学の成績が100点満点中97点と非常に良かったことです。化学で有名な厦門大学で化学を学ぶ資格を得ました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

庭園設計士として働きたいと思っています。庭園には科学と芸術がうまく融合したものが必要だと思いますし、チャレンジングなことがいっぱいあります。大きな理由は、蘇州のような中国の伝統的な庭園や、中国の書道にとても感銘を受けたからです。 個人的には、中国の書道がとても好きで、楽しんでいます。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

最良の方法は、化学物質の適切な取り扱いをガイドし、環境に優しい化学物質を生産するために、化学が関与する多くのプロセスで何が起こるかを理解するのに役立つことです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

現代の北京歌劇界を代表する巨匠、梅蘭芳さんとの会食をしたいと思います。彼は女性の役を演じ、女性として歌うことで知られ、後に北京歌劇の国際的な名声を高めました。私が本当に感銘を受けたのは、彼の完璧な演技と舞台での素晴らしい歌声であり、それが北京歌劇を大きく形作ったと思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1996 年に正教授に昇進したばかりの頃は、ミセル中での分子内電荷移動二重蛍光を利用したケミカルセンシングの開発に着手し、蛍光体の合成や蛍光滴定を行っていましたが、今でも実験を行っています。 現在でも、再結晶などの技術を若い学生に見せたり、非有機化学研究室で有機合成を行ったりしています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

料理が好きなので料理の本を持っていこうと思います。化学関係の芸術のようなものですし、無人島の人が生きていくための手助けをするのにもいいと思います。

こんな時のCDはお気に入りの中国民謡がいいでしょう。

 

原文:Reactions – Yun-Bao Jiang

※このインタビューは2009年1月23日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christophe…
  2. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  3. 第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」L…
  4. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  5. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  6. 第61回「セラミックス粉体の合成から評価解析に至るまでのハイスル…
  7. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教…
  8. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Franc…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer
  3. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  4. 赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-
  5. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  6. alreadyの使い方
  7. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  8. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  9. 三原色発光するシリコン量子ドットフィルム―太陽光、高温、高湿への高い耐久性は表面構造が鍵―
  10. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

カルボン酸のb位C(sp3)–H結合を直接臭素化できるイソキノリン配位子が開発された。イソキノリンに…

【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

保護基の使用を最小限に抑えたペプチド伸長反応の開発

第584回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

【ナード研究所】新卒採用情報(2025年卒)

NARDでの業務は、「研究すること」。入社から、30代・40代・50代……

書類選考は3分で決まる!面接に進める人、進めない人

人事担当者は面接に進む人、進まない人をどう判断しているのか?転職活動中の方から、…

期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」

π共役系配位子と金属が交互に配位しながら環を形成したサンドイッチ化合物の合成が達成された。嵩高い置換…

塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応

ニッケル触媒を用いたシクロヘキセンの位置および立体選択的なカルボホウ素化反応が開発された。用いる塩基…

中国へ行ってきました 西安・上海・北京編①

2015年(もう8年前ですね)、中国に講演旅行に行った際に記事を書きました(実は途中で断念し最後まで…

アゾ重合開始剤の特徴と選び方

ラジカル重合はビニルモノマーなどの重合に用いられる方法で、開始反応、成長反応、停止反応を素反応とする…

先端事例から深掘りする、マテリアルズ・インフォマティクスと計算科学の融合

開催日:2023/12/20 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP