[スポンサーリンク]


シクロブタン

  1. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成

    第216回のスポットライトリサーチは、富山大学大学院医学薬学研究部(松谷研究室)・高山 亜紀 助教 にお願いしました。今回紹介する内容は、Diels-Alder反応に用いられる高活性化学種としても知られる「オルトキノジメタン」を生成…

  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

    キラルなルイス酸触媒を用いた新規シクロブタノン不斉合成法が開発された。高いジアステレオ/エナンチオ選…

  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

    概要オレフィン-ケテン間の付加環化反応は、シクロブタノン環と込み入った炭素骨格を一挙に構築できる…

  4. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid

     ペンタシクロアナモキシ酸(pentacycloanamoxic acid)は、嫌気性細菌が産生する…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬各社の被災状況②
  2. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  3. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました
  6. Nature Chemistryデビュー間近!
  7. 未来の化学者たちに夢を

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

PAGE TOP