[スポンサーリンク]

一般的な話題

SPring-8って何?(初級編)

[スポンサーリンク]

新年を迎えて、自分の研究に新しい展開を!と意気込む研究者も多いのではないでしょうか。新たな反応、新たな物性、そういう意気込みももちろんですが、新たな測定にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

そんな意気込みをかなえてくれる研究施設こそ、SPring-8(スプリングエイト)です。

SPring-8の名前は聞いたことがあっても、実際に測定に行ったことのある人は多くはないと思います。しかしSPring-8は、そんなあなたのためにある施設といっても過言ではないのです!一見とっつきにくいけど化学屋の強い味方、SP-8について学んでみましょう。

SP-8に興味がないって?それなら「4、エイトハカセ」だけでも見ていってくださいな。

1. SP-8って何?

専門家の突っ込みを恐れずに言うとSPring-8とは

「巨大なエックス線装置」

です。エックス線と聞いて思い浮かべるものは、単結晶X線構造解析、X線光電子分光、粉末X線構造解析、蛍光分光など、研究分野によって違います。しかしSPring-8はこれらすべてを世界最高レベルで測定することのできる施設です。

SP-8には40本以上の測定施設(ビームライン、またはラインと呼ばれます)があり、それぞれ得意な測定を持っています。そのため、あるラインは単結晶X線構造解析に特化しており、あるラインではX線光電子分光に、またあるラインではEXAFSに、といったように役割分担がされています。

40本以上もあるので、例えば粉末X線回折測定一つをとっても、ものすごく低角度の測定(小角散乱)が得意なライン、ものすごく低温が得意なライン、とんでもない圧力をかけて測定するラインなど様々なものがあります。例えば高温・高圧のラインは、地球の内部や他の星の内部の構造を調べる、”地学・天文”の研究者がいっぱい使っていたりします。

この辺がSP-8のとっつきにくいところで、いざ使おうと思ってHPを眺めていても、何がわからないかわからないから質問のしようがないと思う方が多いのではないかと思います。大丈夫、この記事はそんなあなたのためのものです。まずは基礎編として、この辺を知っておきましょう。

  • SPring-8は、スプリングエイトと読むべし!(SP-8ともよく略される)
  • SPring-8のPは大文字である!

 

この二つは押さえておきましょう。それともう少し混乱している方には、

  •  SPring-8に関係する組織はいっぱいある!SPring-8の持ち主は理研(RIKEN)、運営しているのは理研の「子会社」の高輝度光科学研究センター(JASRI)、ユーザー団体がSPRUC
  • 「SPring-8」と言った時に、「蓄積リング」だけを指す場合もあれば、入射側の線形加速器、シンクロトロン、ビームラインなどを含めて呼ぶ人もいるし、SACLAや食堂、宿泊所や守衛所なども含めて「あの辺全体」をSPring-8と呼ぶ人もいる!

ということを知っておくといいかもしれません。

2016-01-03_10-55-41

 

2. SP-8で何ができるの?

これも突っ込みを恐れずに言えば、合成系の科学者にとって、SP-8が役に立つ可能性が最も高いのは次の3つです。

  1. 大学では解析できない単結晶の構造解析ができる(かもしれない)
  2. 周期的に並んだ分子、表面に並んだ分子、分子よりも大きな構造、ナノ粒子のサイズなどを粉末X線で解析できる。
  3. 原子間距離と結合した原子の数をEXAFSで解析できる。

SP-8のX線は強度が強く、エネルギー分解能がよく、向きが揃っています。また測定の専門家がビームラインを磨き上げています。そのためラボで測定したのとはけた違いのデータを得ることができます。

もっとズバリ言うと、単結晶構造解析のR値が15%で論文をリジェクトされた人、どんなに頑張ってももうデータがよくならない人、そんなあなたは、SP-8を申請しましょう!かなりの確率でいい結果を得ることができます。見えなかった構造や溶媒まで見えてくるかもしれません。

また、素晴らしい触媒活性が出ていたり、面白い物性を持つポリマーが出ているけれども、構造がよくわからないのでいい論文雑誌に通らないという人、そんな人にもII、IIIの測定が希望の光になるかもしれません。

 

3、その他、SP-8の基本知識

というわけで本論に進みたいのですが、とりあえずユーザーが知っておくべき情報は以下の通りです。

  •  通常の測定をするには、6月に申請し、申請が通ればその年の後期に測定ができる。(もしくは12月に申請すると次の年の前期に測定ができる)
  • 申請する実験時間(シフトと呼ばれる)は、8時間単位(8時間 = 1シフト)。といっても3シフト、つまり24時間単位で申請することが多い。
  • というわけで測定はふつう、朝10時から次の日の朝10時まで。
  • 通常の測定には出張旅費(岡山兵庫県の相生駅までの交通費+バス(片道710円))、宿泊費(一泊2000円)、消耗品費(何も使わなくても1シフトあたり10,560円)が必要。これは成果非占有課題と呼ばれる、学術研究用のものの場合で、企業など、データを公開しない場合にはさらに1シフトあたり、なんと48万円かかります。1日だと150万円ですね。。。

(相生は岡山ではなく兵庫県でした。お詫びして訂正します)

またこの申請の仕方が、素人にはとてもわかりにくいうえに、審査があるためになかなか通らないという問題があります。ここについてはまた次の機会(があれば)お話ししたいと思います。

 

4、エイトハカセ

実はSPring-8のウェブページには、「エイトハカセ」なるマンガが用意されています。このマンガは物理学者が書いてるそうですがなかなか絵もうまく、よくできていて、SP-8のヘビーユーザーや施設の職員ならだれでも知っている隠れた有名コンテンツです。

エイトハカセに登場する8人(匹)の博士

エイトハカセに登場する8人(匹)の博士

ここまで読んでもやっぱりちんぷんかんぷん、何もかもわからない!だからエックス線とか放射光とかもうやめてくれ!!という方は、帰省ラッシュの待ち時間にでも是非読んでみてはいかがでしょうか。筆者はニャン博士の正体になるほど!と思いました。

 

※今回の内容では、粉末XRD測定によるRietveld解析やメスバウアー分光、UPS、XMCDなどは意図的に無視しております。これらの研究をしている方には上記の内容は当たり前すぎることかもしれませんので。。。また同じ意味で、UVやIR、ガンマ線などの研究も意図的に無視しております。ご了承ください。

 

関連書籍

関連記事

  1. Evonikとはどんな会社?
  2. 世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されてい…
  3. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  4. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリ…
  5. 【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削…
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編…
  7. ベンゼンの直接アルキル化
  8. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  2. ポンコツ博士の海外奮闘録⑩ 〜博士,中和する〜
  3. 生理活性物質? 生物活性物質?
  4. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  5. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  6. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  7. SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  9. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  10. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP