[スポンサーリンク]

L

リンドラー還元 Lindlar Reduction

 

概要

キノリン、酢酸鉛などで被毒させ、触媒活性を減じた炭酸カルシウム担持型パラジウム触媒をLindlar触媒と呼ぶ。

接触水素化に対する活性はアルケンよりアルキンの方が高い(触媒表面に強く吸着されるため)ので、Lindlar触媒を用いてアルキンの水素化を行うとアルケンで反応が止まり、Z-オレフィンが得られる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

例[1] lindlar_cat_2.gif
ManzamineAの合成[2] yne-en2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※アルケンを全く還元しないわけではないので、TLCなどで反応系を厳密に追跡する必要がある。

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  2. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  3. ペイン転位 Payne Rearrangement
  4. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  5. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  6. 永田試薬 Nagata Reagent
  7. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…
  8. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 超難関天然物 Palau’amine・ついに陥落
  2. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  3. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  4. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー
  5. 第15回光学活性シンポジウム
  6. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  7. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  8. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  9. ハウアミンAのラージスケール合成
  10. アロイ・フュルストナー Alois Furstner

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP