[スポンサーリンク]

L

リンドラー還元 Lindlar Reduction

 

概要

キノリン、酢酸鉛などで被毒させ、触媒活性を減じた炭酸カルシウム担持型パラジウム触媒をLindlar触媒と呼ぶ。

接触水素化に対する活性はアルケンよりアルキンの方が高い(触媒表面に強く吸着されるため)ので、Lindlar触媒を用いてアルキンの水素化を行うとアルケンで反応が止まり、Z-オレフィンが得られる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

例[1] lindlar_cat_2.gif
ManzamineAの合成[2] yne-en2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※アルケンを全く還元しないわけではないので、TLCなどで反応系を厳密に追跡する必要がある。

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangemen…
  2. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  3. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  4. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  5. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  6. ワイス反応 Weiss Reaction
  7. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  8. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  2. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン
  3. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  4. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  5. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
  6. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  7. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  8. プラテンシマイシン /platensimycin
  9. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  10. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP