[スポンサーリンク]

L

リンドラー還元 Lindlar Reduction

 

概要

キノリン、酢酸鉛などで被毒させ、触媒活性を減じた炭酸カルシウム担持型パラジウム触媒をLindlar触媒と呼ぶ。

接触水素化に対する活性はアルケンよりアルキンの方が高い(触媒表面に強く吸着されるため)ので、Lindlar触媒を用いてアルキンの水素化を行うとアルケンで反応が止まり、Z-オレフィンが得られる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

例[1] lindlar_cat_2.gif
ManzamineAの合成[2] yne-en2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※アルケンを全く還元しないわけではないので、TLCなどで反応系を厳密に追跡する必要がある。

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  2. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann C…
  3. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic…
  4. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ri…
  5. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reacito…
  6. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  7. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidaz…
  8. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolacton…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reaction (Nitroaldol Reaction)
  2. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  3. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  4. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition
  5. ノーベル化学賞は化学者の手に
  6. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  7. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  8. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  9. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  10. ヘキサニトロヘキサアザイソウルチタン / Hexanitrohexaazaisowurtzitane (HNIW)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP