[スポンサーリンク]


シリル化

  1. Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

    本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønsted酸触媒とヒドロシランを用いるシラFriedel-Crafts反応」を紹介します.1 (さらに…)…

  2. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

    昨年、アルカリ金属触媒で進む炭素ー水素結合(C-H結合)の直接シリル化反応を紹介しました(記事:アル…

  3. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応

    ご存知のようにヘテロ芳香環を有する医薬品や有機材料は数多く存在します。これらに対…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  2. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  3. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  4. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  5. ピンポン玉で分子模型
  6. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  7. 重水は甘い!?

注目情報

最新記事

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

PAGE TOP