[スポンサーリンク]


デンドリマー

  1. ドナルド・トマリア Donald Tomalia

    ドナルド・A・トマリア (Donald A. Tomalia、1938年x月xx日(ミシガン生)-)は、アメリカの化学者である。ミシガン中央大学教授(写真:isepp.org)。 (さらに&helli…

  2. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

    東京大学の相田卓三教授のグループから、組成の95%以上が水分でありながら、シリコンゴ…

  3. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

    ジョン・M・Jフレシェ (Jean M. J. Fréchet、1944年8月19日-)は、アメリカ…

  4. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

    薬物のプロドラッグ化により、薬物吸収性の改善・特定部位への標的化(副作用の軽減)・作用の持続化などが…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 下村 脩 Osamu Shimomura
  2. 最長のヘリセンをつくった
  3. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする整髪技術を開発
  4. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  5. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  6. 入江 正浩 Masahiro Irie
  7. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

PAGE TOP