[スポンサーリンク]

F

フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールをチオカルバメート化もしくはチオカーボネート化し、熱転位、引き続く加水分解によりチオフェノールを合成する手法。

基本文献

  •  Freundenberg, K. et al. Chem. Ber. 192760, 232.
  •  Shornberg, A. et al. Chem. Ber. 193063, 178.
  •  Newman, M. S.; Hetzel, F. W. Org. Synth. Coll. Vol. 6: 824 (1990) [website]

 

反応機構

F_S_Thiophenol_2.gif

反応例

 

実験手順

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  2. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  3. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  4. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  5. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  6. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  7. カチオン重合 Cationic Polymerization
  8. ブンテ塩~無臭の含硫黄ビルディングブロック~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 相次ぐ化学品・廃液の漏洩・流出事故
  2. 170年前のワインの味を化学する
  3. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン
  4. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1
  5. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  6. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. ビオチン標識 biotin label
  8. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  9. ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える
  10. Bergfriendhof (山の墓地)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP