[スポンサーリンク]

F

フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

フェノールをチオカルバメート化もしくはチオカーボネート化し、熱転位、引き続く加水分解によりチオフェノールを合成する手法。

基本文献

  •  Freundenberg, K. et al. Chem. Ber. 192760, 232.
  •  Shornberg, A. et al. Chem. Ber. 193063, 178.
  •  Newman, M. S.; Hetzel, F. W. Org. Synth. Coll. Vol. 6: 824 (1990) [website]

 

反応機構

F_S_Thiophenol_2.gif

反応例

 

実験手順

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  2. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  3. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  4. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  5. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  6. バートン反応 Barton Reaction
  7. 正宗・バーグマン反応 Masamune-Bergman Reac…
  8. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピンポン玉で分子模型
  2. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授
  3. 世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用
  4. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  5. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  6. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  7. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  8. サラシノール/Salacinol
  9. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  10. イチゴ生育に燃料電池

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

第311回のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院 理工学研究科 基礎化学コー…

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP