[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

[スポンサーリンク]

ジョン・M・Jフレシェ (Jean M. J. Fréchet、1944年8月19日-)は、アメリカの高分子化学者である。カリフォルニア大学バークリー校名誉教授。アブドラ国王科学技術大学副学長(写真:日本国際賞)。

 

経歴

1967 Inge’nieur-Chimiste, ICPI Lyon
1969 SUNY College of Environmental Sciences and Forestry / Syracuse University 修士号取得
1971 SUNY College of Environmental Sciences and Forestry / Syracuse University 博士号取得
1973-1978 オタワ大学 助教授
1978-1982 オタワ大学 准教授
1979 IBM研究所 客員研究員
1982-1987 オタワ大学 教授
1983 IBM研究所 客員研究員 .
1983-1987 オタワ大学 副学長
1987-1998 コーネル大学 教授
1996- カリフォルニア大学バークリー校 教授
2008年 D.Sc.の称号を取得
2010年アブドラ国王科学技術大学副学長

 

受賞歴

1983 IUPAC Canadian National Committee Award
1986 Polymer Society of Japan Lecture Award
1986 Doolittle Award in Polymer Materials Science & Engineering
1994 Cooperative Research Award in Polymer Science
1996 ACS Award in Applied Polymer Science
1999 Kosar Memorial Award
2000 ACS Award in Polymer Chemistry
2001 Arthur C. Cope Scholar Award
2001 Salute to Excellence Award
2005 Esselen Award for Chemistry
2005 Chemical Communications 40th Anniversary Award
2006 Macro Group UK Medal
2007 Dickson Prize in Science
2007 Arthur C. Cope Award
2009 Arun Guthikonda Memorial Award
2009 Society of Polymer Science of Japan, International Award
2009 Carothers Award
2009 Herman Mark Award
2010 Grand Prix de la Maison de la Chimie (Paris)
2010 Erasmus Medal of the Academia Europaea
2010 Society of Polymer Science of Japan, International Award for the “Development of functional polymers from fundamentals to application”
2010 University of California Department of Chemistry Teaching Award
2010 Fellow of the American Chemical Society
2013 日本国際賞

 

研究

デンドリマー化学を基盤として、様々な機能性材料を創製している。

 

名言集

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2011年度の調査によれば、化学領域の論文引用数は世界第16位(h105)となっています。
  2. 論文執筆数は800以上、特許は70以上。
  3. フレシェ教授の70歳の誕生日を祝って、Jornal of Polymer Scienceに同教授の特集号が組まれた。表紙はフレシェ教授顔写真のモザイクアート。研究室のメンバー250人以上の写真をAndreaMosaicというソフトで加工して制作されたもので、現・産総研の吉田 勝博士が10年前にバークレイのフレシェ研に所属していた当時、教授へのクリスマスプレゼントとして贈ったものだそうです。 DOI: 10.1002/pola.27481pola_cover

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Jean M. J. Fréchet-UC Berkeley, Dept of Chemistry

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エドウィン・サザン Edwin M. Southern
  2. 新海征治 Seiji Shinkai
  3. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  4. 中西香爾 Koji Nakanishi
  5. ウォルター・コーン Walter Kohn
  6. 高知和夫 J. K. Kochi
  7. 入江 正浩 Masahiro Irie
  8. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
  2. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  3. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート
  4. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  5. 未来の病気診断はケータイで!?
  6. 第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士
  7. Classics in Total Synthesis
  8. これならわかるNMR/二次元NMR
  9. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  10. 生理活性物質? 生物活性物質?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP