[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

[スポンサーリンク]

ジョン・M・Jフレシェ (Jean M. J. Fréchet、1944年8月19日-)は、アメリカの高分子化学者である。カリフォルニア大学バークリー校名誉教授。アブドラ国王科学技術大学副学長(写真:日本国際賞)。

 

経歴

1967 Inge’nieur-Chimiste, ICPI Lyon
1969 SUNY College of Environmental Sciences and Forestry / Syracuse University 修士号取得
1971 SUNY College of Environmental Sciences and Forestry / Syracuse University 博士号取得
1973-1978 オタワ大学 助教授
1978-1982 オタワ大学 准教授
1979 IBM研究所 客員研究員
1982-1987 オタワ大学 教授
1983 IBM研究所 客員研究員 .
1983-1987 オタワ大学 副学長
1987-1998 コーネル大学 教授
1996- カリフォルニア大学バークリー校 教授
2008年 D.Sc.の称号を取得
2010年アブドラ国王科学技術大学副学長

 

受賞歴

1983 IUPAC Canadian National Committee Award
1986 Polymer Society of Japan Lecture Award
1986 Doolittle Award in Polymer Materials Science & Engineering
1994 Cooperative Research Award in Polymer Science
1996 ACS Award in Applied Polymer Science
1999 Kosar Memorial Award
2000 ACS Award in Polymer Chemistry
2001 Arthur C. Cope Scholar Award
2001 Salute to Excellence Award
2005 Esselen Award for Chemistry
2005 Chemical Communications 40th Anniversary Award
2006 Macro Group UK Medal
2007 Dickson Prize in Science
2007 Arthur C. Cope Award
2009 Arun Guthikonda Memorial Award
2009 Society of Polymer Science of Japan, International Award
2009 Carothers Award
2009 Herman Mark Award
2010 Grand Prix de la Maison de la Chimie (Paris)
2010 Erasmus Medal of the Academia Europaea
2010 Society of Polymer Science of Japan, International Award for the “Development of functional polymers from fundamentals to application”
2010 University of California Department of Chemistry Teaching Award
2010 Fellow of the American Chemical Society
2013 日本国際賞

 

研究

デンドリマー化学を基盤として、様々な機能性材料を創製している。

 

名言集

 

コメント&その他

  1. トムソンISI社2011年度の調査によれば、化学領域の論文引用数は世界第16位(h105)となっています。
  2. 論文執筆数は800以上、特許は70以上。
  3. フレシェ教授の70歳の誕生日を祝って、Jornal of Polymer Scienceに同教授の特集号が組まれた。表紙はフレシェ教授顔写真のモザイクアート。研究室のメンバー250人以上の写真をAndreaMosaicというソフトで加工して制作されたもので、現・産総研の吉田 勝博士が10年前にバークレイのフレシェ研に所属していた当時、教授へのクリスマスプレゼントとして贈ったものだそうです。 DOI: 10.1002/pola.27481pola_cover

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

Jean M. J. Fréchet-UC Berkeley, Dept of Chemistry

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デニス・ホール Dennis G. Hall
  2. ザック・ボール Zachary T. Ball
  3. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  4. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  5. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  6. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  7. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  8. フィル・バラン Phil S. Baran

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  2. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  3. リガンドによりCO2を選択的に導入する
  4. ACSの隠れた名論文誌たち
  5. ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法
  6. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  7. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  8. ニッケル触媒でアミド結合を切断する
  9. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  10. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

飲むノミ・マダニ除虫薬のはなし

Tshozoです。先日TVを眺めていて「かわいいワンちゃんの体をダニとノミから守るためにお薬を飲ませ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP