[スポンサーリンク]


分子認識

  1. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitrileを構成単位とする環状分子である (図1)。合成化学的に作られる大環状分子の一つである。2013年にAmar H. Floodらが…

  2. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)

    高精度に特定の分子を見分ける機能、すなわち分子認識ができる物質は、さまざまな応用が期待できます。…

  3. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

    ジュリアス・レベック Jr.(Julius Rebek Jr.、1944年4月11日-)はアメリカの…

  4. 有機の王冠

    皆さんは「有機の王冠」を知っていますか?それは冒頭図のような形をした美しい化合物のことです。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  2. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  3. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  4. ジェフ・ボーディ Jeffrey W. Bode
  5. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  6. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. 青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP