[スポンサーリンク]


分子認識

  1. 陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

    東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授らの研究グループは、化学センサーの積極的な制御を目指し、陰イオン認識化学センサー(フォルダマー)の構造変化や発光特性、イオン認識能の動的制御が…

  2. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi

    生越 友樹(おごし ともき, 1976年5月)は、日本の有機・高分子・超分子化学者である。京都大学教…

  3. シアノスター Cyanostar

    シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

  4. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)

    高精度に特定の分子を見分ける機能、すなわち分子認識ができる物質は、さまざまな応用が期待できます。…

  5. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

    ジュリアス・レベック Jr.(Julius Rebek Jr.、1944年4月11日-)はアメリカの…

  6. 有機の王冠

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  2. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  3. 「決断できる人」がしている3つのこと
  4. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  5. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  6. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  7. ダン・シングルトン Daniel Singleton

注目情報

最新記事

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

PAGE TOP