[スポンサーリンク]

archives

酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt

[スポンサーリンク]

鉄触媒を用いた直接アリール化反応

Charetteらは,鉄触媒を用いた不活性アレーンとヨードアリールの直接アリール化を報告しています。本報告によれば,酢酸鉄(II) (5 mol%)とバトフェナントロリン(10 mol%)により構成される低環境負荷の触媒系を用いています。反応機構の考察では,金属触媒リビングラジカル重合反応と類似したラジカルプロセスを経由するアリール化反応が示されています。

“Iron-Catalyzed Direct Arylation through an Aryl Radical Transfer Pathway”

F. Vallee, J. J. Mousseau, A. B. Charette, J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1514. DOI: 10.1021/ja910687u

ja-2009-10687u_0008

A general and efficient iron-catalyzed direct arylation of benzene and hetereoaryl derivatives using a cost-effective and environmentally benign catalyst is described. The reaction is performed under neat conditions and can proceed at room temperature.

 

関連記事

  1. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  2. 芳香環シラノール
  3. ニュースタッフ追加
  4. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  5. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  6. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  7. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  8. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  2. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  3. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  4. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応
  5. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  6. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素
  7. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  8. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  9. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  10. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP