[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)

高精度に特定の分子を見分ける機能、すなわち分子認識ができる物質は、さまざまな応用が期待できます。

究極の認識能を誇る物質は、私たちの体内にある抗体です。しかし価格、製造時間、不安定性、量的供給の難しさなどから、何でもかんでもには応用できません。

小さな分子~超分子ぐらいのサイズで精密認識ができればいいのですが、実際にこれをやろうとすると、分子構造がどんどん複雑になってしまいます。こうなると、性能に比して合成コストが見あわなくなり、やはり実用性の面で難があります。

何とかして簡単に、しかも高精度に分子認識できるような物質はつくれないのだろうか・・・?

そういうニーズに応える一つが、分子刷り込み高分子 (Molecularly Imprinted Polymer, MIP)と呼ばれる材料群です。

今回はこのMIPについて、最近の総説[1]をもとにご紹介します。

MIPの基本原理

まずは基本原理と合成法から。MIPの作り方は至極簡単です。

画像引用:Wikipedia

画像引用:Wikipedia

①鋳型(template)と非共有結合を介して相互作用するモノマーを用意する。
②鋳型の共存下に重合させる。
③鋳型を取り除き、それと相補的なcavity形状を有する高分子ホスト(=MIP)を作る。

要するに「認識したい分子を覆うようにポリマーを合成してから、その分子を取り除いてやる」だけです。出来た穴ボコは、もとの分子にぴったりハマる形になっているだろう・・・というのがアイデアの根っこにあります。

製造価格や安定性の面で抗体よりも優れており、同程度の認識能を持つ小分子/超分子に比べても、はるかに合成労力が少なく済むのがメリットです。

合成法

もっとも古典的な製造法は上で述べた方法、いわゆるBulk Imprintingと呼ばれるやり方です。

その後、合成法はさまざまに発展を遂げ、大サイズの鋳型に向くSurface Imprinting、鋳型表面が流動的なものに向くSubstructure Imprintingなどが後に報告されています。

画像は文献[1]より引用

画像は文献[1]より引用

いずれの方法でも、鋳型の除去がしばしば大問題となります。特に柔らかで複雑な鋳型(バイオ絡みのものが多い)を用いるケースに、それが顕著となります。除去処理に敏感なポリマーも多く、鋳型の分解物の残りカスが除去しきれない場合、認識能が下がってしまうこともあります。そのため、これをいかに上手く行うかは現在でも重要課題の一つとされています。

また、性能の良いMIPの創製には、ポリマー素材の選定がもっとも重要とされています。

・モノマーが鋳型と非共有結合相互作用できる適切な官能基を持っていること
・モノマー重合過程で鋳型自体と反応しない
・鋳型を取り除いても結合サイトが保持される程度の強度を持つ

などの特性がMIP用素材には求められます。応用によっては毒性の有無粘度・成型しやすさなども重要なファクターとなります。

幅広い応用可能性

MIPはさまざまな応用(分析・分離・触媒・創薬など)が試みられていますが、「解決したい問題が何であるか」によって、つくるべき材料はもちろん変わってきます。

比較的小さい分子(低分子医薬など)を鋳型としたMIPは、かねてよりよく研究されてきています。

その一方で、大きなサイズの鋳型を用いてMIPを作り出すのは、性能がまちまちなものしか作れず、大変難しい課題とされてきました。しかし近年ではポリマー合成法の進展も手伝って、タンパク質、ウィルス、さらには細胞すらも認識標的にできるMIPが登場しています。

この技術発展を受ける形で、最近では高付加価値が見込める「医学/生物学領域への応用」を目指した研究が多く試みられているようです。

 

そのような具体例については、別記事でご紹介したいと思います。

関連論文

  1.  “Bioapplications for Molecularly Imprinted Polymers”, Schrhagl, R. Anal. Chem. 2014, 86, 250. DOI: 10.1021/ac401251j

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる
  2. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  3. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  4. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応
  5. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  6. ビニグロールの全合成
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  8. The Journal of Unpublished Chemi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カリオフィレン /caryophyllene
  2. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  3. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」
  4. 香りの化学1
  5. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  6. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  8. Baird芳香族性、初のエネルギー論
  9. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  10. Nature Chemistryデビュー間近!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP