[スポンサーリンク]


分子進化

  1. タンパクの「進化分子工学」とは

    2018年のノーベル化学賞は、「タンパクの分子進化」という分野の発展に重要な貢献をしたFrances H. Arnold教授、George P. Smith教授、Gregory P. Winter教授の3氏に与えられました(【速報】2018…

  2. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

    ハーバード大学のDavid R. Liu教授らは、連続流動培養装置の中で、大腸菌から発現されるアミノ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カルボプラチン /carboplatin
  2. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  4. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  5. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  6. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  7. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表

注目情報

最新記事

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

PAGE TOP