[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第38回有機金属若手の会

第38回有機金属若手の会

 

共催:有機合成化学協会 近畿化学協会有機金属部会

 

協賛:日本化学会

 

日時:2005年7月11日~13日

 

場所:山中湖畔荘 清渓

 

講演:北川 進 (京大院工)

 

    塩野 毅 (広大院工) 

 

    柴崎 正勝 (東大院薬) 

 

    吉田 潤一 (京大院工) 等

 

内容:毎年行われている、有機金属関連の研究者、研究者の卵の夏の学校です。意外と金属関連ではない人も多く来ています。有機化学関連の夏の学校は他に天然物談話会、有機合成化学協会夏の学校等があります。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  2. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  3. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  4. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  5. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  6. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  7. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  8. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  2. MAC試薬 MAC Reagent
  3. 秋の褒章2013-化学
  4. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  5. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  6. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  7. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  8. 仙台の高校生だって負けてません!
  9. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  10. ベン・シェンBen Shen

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP