[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第38回有機金属若手の会

第38回有機金属若手の会

 

共催:有機合成化学協会 近畿化学協会有機金属部会

 

協賛:日本化学会

 

日時:2005年7月11日~13日

 

場所:山中湖畔荘 清渓

 

講演:北川 進 (京大院工)

 

    塩野 毅 (広大院工) 

 

    柴崎 正勝 (東大院薬) 

 

    吉田 潤一 (京大院工) 等

 

内容:毎年行われている、有機金属関連の研究者、研究者の卵の夏の学校です。意外と金属関連ではない人も多く来ています。有機化学関連の夏の学校は他に天然物談話会、有機合成化学協会夏の学校等があります。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  2. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  3. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  4. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  5. 化学企業のグローバル・トップ50
  6. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  7. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  8. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  2. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  3. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  4. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  5. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  6. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  7. ケミストリ・ソングス【Part1】
  8. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  9. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  10. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP