[スポンサーリンク]


固定化触媒

  1. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応

    ビタミンB12(図1a 別名:コバラミン)は、コリン環の中心にコバルトイオンが存在する金属錯体です。ビタミンB12は配位子Lによって機能が異なり、生体内で10種類以上の酵素反応に関与しています。その例として、異性化反応(図1Ba)、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  2. ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業
  3. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  4. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  5. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  6. Al=Al二重結合化合物
  7. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP