[スポンサーリンク]


固定化触媒

  1. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応

    ビタミンB12(図1a 別名:コバラミン)は、コリン環の中心にコバルトイオンが存在する金属錯体です。ビタミンB12は配位子Lによって機能が異なり、生体内で10種類以上の酵素反応に関与しています。その例として、異性化反応(図1Ba)、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コロナウイルス関連記事 まとめ
  2. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法
  3. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  4. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  5. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  6. 金属スカベンジャーを試してみた
  7. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

PAGE TOP