[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

無水酢酸は麻薬の原料?

[スポンサーリンク]

ヘロイン原料2トン、横浜港で押収 アフガン向け貨物
麻薬のヘロインの原料となる無水酢酸約2トンが、横浜市の横浜港からアフガニスタン向けに輸出される貨物の中から見つかっていたことが横浜税関への取材でわかった。同税関は関税法違反(無許可輸出)容疑で調べている。   税関によると、無水酢酸はタンクに入れられ、ほかの輸出品と一緒にコンテナに隠されていた。無水酢酸は今月12日にも、愛知県の名古屋港でアフガニスタン向けの自動車の中から約1トンが見つかり、24日には約1.4トンが押収された。   無水酢酸は麻薬のヘロインを製造する際、化学反応の過程で使われる(引用:朝日新聞)。

 

はじめはケムステニュースに書こうと思いましたが、何だかあまりにも化学がマイナスイメージになるのでやめました。確かに事実は間違ってはいないですが、情報を正しく「伝える」点においては腹立たしいほど事実と異なっています


「麻薬のヘロインの原料となる」
「無水酢酸は麻薬のヘロインを製造する際、化学反応の過程で使われる」

 

ヘロイン(heroin)はモルヒネ(morphine)を無水酢酸でアセチル化することによって得られます。それは間違いないです。大学の学生実験でも素人でもできるとても簡単な実験です。実際に学生実験でも大量の無水酢酸を使用しました。さらに、さっきまで筆者自身アセチル化の為に無水酢酸を使用していました。ただし、確かに”原料”ですがアフガニスタンに輸出するからというところから推測して麻薬の原料としか書かないのは誤解を招きます。麻薬の原料=持っている、使っているだけで危険、違法、さらには使っている人は危ない人とされかねません。無水酢酸自体は名前の通り酢酸(お酢)から水を脱水した化合物で、極めて安全な化合物です

 

morphine.gif
heroin.gif

 

何より、アセチル基(赤い部分)を導入するよい試薬であって、皆さんが必ず飲んだことがある鎮痛剤であるアスピリン(アセチルサリチル酸)の原料でもあり、アセチル化されている化学製品ならば、材料でも、医薬品でも、食物でも半数はこれをつかってアセチル化していると思います。

というわけで、ヘロインの原料という限定的な言い方は誤解を招く一因となり、書くなら、「医薬品や食物、化学工業製品の原料となる」などが適当だと思われます。

つまり無水酢酸が悪い訳ではなくて、それを許可無しに所有していて、なおかつ輸出しようとしたことが問題なのです。なぜ関係のないところを2度も強調するのでしょうか。強調するならば、法律違反であるところと、利用法は◯◯の可能性があるぐらいの書き方でよいはずです。書き方次第で悪になるような表現はやめて欲しいものです。

さらに、ここからは推測と意見ですが無水酢酸ぐらいなら万が一ヘロインの原料としての用途だとしても日本から輸出するメリットは全くないと思います。無水酢酸の原料がたくさんとれるという国でもないですし。それならば優秀な合成化学者を輸出すれば事足ります。おおよそマスコミが無水酢酸が特定麻薬向精神薬原料であるということをWikipediaなどで確認して勝手に書いたのでしょう。そんなこといったら研究室内は麻薬向精神薬原料だらけですし、試薬メーカーはブローカーみたいなものです(苦笑)。

ここまで書きましたが、通常はわからなくて当然だと思います。筆者だって経済や文学のことがニュースになっても、ああそうなのかと思うのみです。こんな時やはり優秀なサイエンスライター、もっといえばケミストリーライターがいれば、世の中の化学物質の関連した事件やニュースに関して的確に報道できるのにと思います。専門家に聞けばわかることですが、最低限その位は必要です。正直、研究よりも現在の複雑化された学問にはそれが一番重要なのではないかと考えさせられます。

 

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 書物から学ぶ有機化学 1
  2. 高い専門性が求められるケミカル業界の専門職でステップアップ。 転…
  3. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発
  4. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  5. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  6. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  7. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する
  8. 高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  2. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム
  3. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得
  4. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearrangement
  5. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離
  6. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  7. GFPをも取り込む配位高分子
  8. 高い専門性が求められるケミカル業界の専門職でステップアップ。 転職で威力を発揮する「ビジョンマッチング」とは
  9. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  10. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

注目情報

注目情報

最新記事

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

化学知識の源、化学同人と東京化学同人

化学の専門家なら化学同人と東京化学同人の教科書や参考書を必ず一冊は購入したことがあると思います。この…

天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

【Spiber】新卒・中途採用情報

【会社が求める人物像】私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」とい…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP